« デカフェ(カフェインレス)とは? | トップページ | お待たせして大変申し訳ございません!(15周年謝恩キャンペーン実施中!) »

2014年6月 7日 (土)

心筋梗塞&脳梗塞予防にコーヒー

成人病予防にコーヒーと言えば・・・
今までは糖尿病予防やガンの予防についてのお話が多かったですが、今回は「血管」にどう作用するのか?について調べてみました。

 血栓を作りにくくするコーヒー

心臓に血液を送る血管に血のかたまりが詰まると心筋梗塞に、脳の血管に詰まると脳梗塞になる恐れがあります。
どちらも組織に十分な酸素が行き渡らなくなって起きる病気ですが、コーヒーを飲むことで何か効果を期待できるのでしょうか?

2010年8月、東海大学医学部の後藤信哉教授の研究グループが、マウスを用いた実験でコーヒーを飲むことで血のかたまりが血管に詰まり(血栓)にくくなることを示しました。
その効果はあきらかで、心筋梗塞の再発を防止するアスピリンという薬よりも、コーヒーの効き目の方が断然強かったそうです。

以前は、コーヒーは心筋梗塞に悪い影響を与えると言われていましたが、これはコーヒーと一緒にタバコを吸う人が多かったためで、タバコと分けて研究した結果は「コーヒーを飲んでいる人のほうが心筋梗塞になりにくい」と結論付けています。
なお後藤教授の研究結果では、血栓予防に有効なコーヒー成分を特定するに至っていません。


 有効成分はニコチン酸?

他の研究で、コーヒーに含まれる唯一のビタミン「ビタミンB3」が作用しているのでは?というものがありました。
これはナイアシンとも呼ばれ、コーヒーに含まれているのはその中の「ニコチン酸」という物質です。
※ニコチンという名前が入っていますが、タバコのニコチンとは無関係です。

2004年12月、カリフォルニア大学医学部のMeyers CDらの研究により、このニコチン酸を多めに摂ることで、血液がサラサラになり、血管の弾力が増すと結論付けています。
もちろん、この成分だけが影響しているとは言い切れませんが、もしニコチン酸を積極的に摂りたいならどんなコーヒーを選べば良いでしょう?


 ニコチン酸をたっぷり摂るなら・・・

ニコチン酸は、深煎りコーヒー豆の方が多く含まれます。
具体的には、中煎り程度から増え始め、ごく深煎りが一番多くなります。

そのため当店のコーヒーですと「きまめやブレンド深煎り」のように「○○深煎り」と書いてあるものや、メキシコ・シエラモレーナ(深煎り)、ヨーロピアンブレンド(ごく深煎り)もおすすめです。
カフェインが苦手な方は、フェアトレード・デカフェブレンドも深め焙煎なので良いと思います。

これからアイスコーヒーが美味しい季節になりますが、アイスには深煎り豆が一番合いますね。
病気予防も兼ねて、糖分タップリのソフトドリンクの代わりに、美味しいアイスコーヒーはいかがでしょう?
焙煎したての深煎りコーヒーを使ったアイスコーヒーは、透明感のある味わいで市販のアイスコーヒーとは比べものにならない味わいです。
ぜひお試し下さい。
美味しいアイスコーヒーの作り方はこちらからどうぞ

【注】 持病がある方は、必ず担当の医師に相談しましょう。現在服用している薬との相性もありますので、くれぐれもご注意下さい。


※本レポートの参照元は、秘蔵コーヒー豆知識のページ(一番下)からご覧下さい。

|

« デカフェ(カフェインレス)とは? | トップページ | お待たせして大変申し訳ございません!(15周年謝恩キャンペーン実施中!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デカフェ(カフェインレス)とは? | トップページ | お待たせして大変申し訳ございません!(15周年謝恩キャンペーン実施中!) »