« コーヒーからバイオ燃料 | トップページ | ベトナム産コーヒーはどこ? »

2009年2月20日 (金)

コーヒーを飲んで体力回復!

○カフェイン+炭水化物がポイント
運動した後に、濃いコーヒーや栄養ドリンクを炭水化物と一緒に摂取すると、体力の回復が早まるという調査結果が報告されました。
これはオーストラリアの調査チームが発表したもので、カフェインを摂取した被験者は、摂取していない被験者と比べて筋グリコーゲンの貯蔵量が66%増加していたとのことです。(運動終了から4時間後の場合)
筋グリコーゲンは運動中の筋肉の主要エネルギーになるため、カフェインを摂取することで、翌日の運動のためのエネルギーをしっかり貯蓄できるようになるそうです。
※参考記事はこちら
※論文の要約はこちら

○思い当たる節有り
確かに、クタクタに疲れた時に「とりあえずコーヒーでも・・・」と思うことが多いです。
コーヒーを飲むと元気になるのは、美味しいからだと思っていましたが、それだけではなかったのですね。
ご飯や麺類、パンなどの炭水化物と一緒に摂取すると効果的なので、翌日に疲れを残したく無い時には食後のコーヒーが良いようです。

ところで、コーヒー成分といえばカフェインですが、栄養ドリンクにも入っているとは知りませんでした。
コーヒーの10倍以上もカフェインが入っているものもあるそうなので、カフェインに気を付けている方はくれぐれもご注意下さい。

|

« コーヒーからバイオ燃料 | トップページ | ベトナム産コーヒーはどこ? »

コメント

カフェインは、大半のドリンク剤や風邪薬の類に入ってますね。

子供用のには、入ってないけど。

投稿: カイン | 2009年2月21日 (土) 09時37分

そうですね。ただ、高濃度カフェイン+糖分で血糖値のコントロールがうまくいかないだろうなぁ~、、、と、ちょっと心配になりました。

投稿: よしえ | 2009年2月21日 (土) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コーヒーからバイオ燃料 | トップページ | ベトナム産コーヒーはどこ? »