« 有機栽培珈琲豆フェアトレード・ブラジル新発売! | トップページ | コーヒーを飲んで体力回復! »

2009年2月20日 (金)

コーヒーからバイオ燃料

○燃料はコーヒーの香り
米ネバダ大学の研究チームが、コーヒーの残りカスからディーゼルエンジン用のバイオ燃料を安く作れることを発表しました。
チームは、コーヒーの残りカスに15%程度の油脂が含まれていることに着目。油脂から燃料への変換効率は100%だそうで、世界中で毎年出る残りカス700万トンを集めれば、バイオディーゼル燃料の約1割分に相当する量を作れるということです。
ちなみにその燃料は、コーヒーの香りがするそうです。
(参考記事:朝日新聞 2008年12月21日朝刊より)

あまり使い道の無い、コーヒーの残りカス。
ご家庭では消臭剤として活用されている方もいらっしゃいますが、大手メーカーの工場で大量に出てくるカスは企業ゴミになるだけです。
もしそのゴミが燃料になるなら・・・環境保護のためにも、有効活用してもらえると嬉しいですね。

○コーヒーカスの再利用?
そういえば今から5年ほど前に、香料の会社からお問い合わせがありました。
「残りカスを細かく砕いて香料を混ぜ、インスタントコーヒーを作りたいけど、どう思いますか?」というご相談だったと思います。
私は、どんなに細かく砕いても、残りカス独特の後味が残るのでは?とお返事差し上げました。
その後、そのような製品は見かけないので、断念したのかも知れません。発想は素晴らしいと思ったのですが、香料で・・・というのが、いただけませんでした。

コーヒー本来の香りは本当に素晴らしいですが、挽いた瞬間からどんどん消えていきます。
そんな繊細な香りだから、魅力的なのかも知れませんね。

|

« 有機栽培珈琲豆フェアトレード・ブラジル新発売! | トップページ | コーヒーを飲んで体力回復! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有機栽培珈琲豆フェアトレード・ブラジル新発売! | トップページ | コーヒーを飲んで体力回復! »