« ぎゃる一問一答 | トップページ | ハワイコナ事情 »

2007年11月21日 (水)

信じられない出来事

お菓子を作った時のこと。
バターを必要な分だけ切って、残りをラップに包んで冷蔵庫へ。
包んであったアルミ紙は要らないから、ゴミ箱へ・・・と紙を捨てたつもりだったのですが、なぜか残りのバターの方を捨ててしまいました。
ゴミの中に埋もれる貴重なバター。手には紙くず。
「うそ。何で・・・?」

しばらく、自分のやったことが信じられませんでした。
敗因は、利き手の右手にゴミを持ち、左手がバターだったからとも、出来上がったお菓子のことばかり考えていたからとも言われています。
これは仕事の時だけじゃなくて、日常生活でも指さし確認が必要になってしまったということでしょうか。
今後、片手ゴミの時には気を付けたいと思います。

|

« ぎゃる一問一答 | トップページ | ハワイコナ事情 »

コメント

そのケース、私よくわかります^^普段右手でやっていることを左手でやるととんでもないことします。以前半田ごてを左手で持とうとしたばっかりにこてさきに触ってしまい火傷をしました。右手のことは右手に、左手のことは左手にまかせたほうがいいみたい。

投稿: 無双庵 | 2007年11月22日 (木) 06時28分

たぶん...
操縦士のミスで飛行機が落ちるときもこういうことなんじゃないかと思います。

私も出かけるときに反対方向の電車に乗ったりしますねー。

投稿: Shira | 2007年11月22日 (木) 08時27分

コメントいただきどうもありがとうございました。
起きてるのに、寝ぼけた判断をしてしまい「信じられない」ということ、皆さん経験されているのですね。

無双庵さんは火傷ですか。私のバター50gさよなら事件よりもずっと大変でしたね。確かに、慣れないことするとミスが多くなりますから、これからはもうちょっと気を付けたいと思います。

Shiraさんも・・・反対方向の電車に乗ってしまうことがあるのですねー。なんかイメージが変わりました(笑)
もちろん良い方に、です。

投稿: よしえ | 2007年11月22日 (木) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぎゃる一問一答 | トップページ | ハワイコナ事情 »