« 今週のおすすめ! | トップページ | 新しいメニュー表 »

2007年6月26日 (火)

お菓子に混ぜるコーヒー豆

前回、コーヒー豆を食べても大丈夫か?についてお話ししましたね。
今日は、製菓材料としてのコーヒー豆についてお話ししたいと思います。

○材料としてのコーヒー豆
当店では、全国のこだわりの洋菓子店に「材料としての有機栽培コーヒー豆」を卸しています。どのお店も素材に大変こだわっていて、使用するコーヒー豆についても「安全で新鮮なものを使いたい」とお申し出いただきました。
濃く抽出したコーヒー液を混ぜ込んだり、挽いたコーヒー粉をそのまま使用する場合もあります。
※コーヒー粉を使う場合は、パリパリ感を出すために深煎り豆をおすすめしています。

コーヒー粉は、主にメレンゲ菓子やクッキー、焼き菓子のトッピング等に使われます。また、デニッシュの中に混ぜ込んだケースもありました。
以前ご紹介したように、コーヒー豆ごとチョコレートで包むのも1つの方法ですね。

○コーヒー粉を使う時の注意
もし手作りの焼き菓子にコーヒー粉を使うなら、香りにはあまり期待しないほうが良いでしょう。
コーヒー豆は、挽いた瞬間から香りが飛んでいきます。それをオーブンで焼くとさらに飛び、焼き上がりには「ほんのり香る」程度に。
ですから、コーヒー粉を使った焼き菓子・パンでは、香りよりもむしろ「ほろ苦さ」や「独特の歯触り」を楽んでいただければと思います。

ちなみに市販の焼き菓子やパンで、ぷんぷんコーヒーの香りが漂っているものは、コーヒー風味の「香料」によるものと思われます。
天然のコーヒーの香りは繊細ですから、オーブンで焼いても十分に残るとは考えにくいですね。


○バターケーキにコーヒー粉
私も、新鮮な深煎りコーヒー粉を使ってバターケーキを作ってみました。
粗挽きと細挽きで作った所、カットした時と食べた時ではコーヒーの香りの強さが違うことが分かりました。

ケーキをカットした時は、細挽きの方が香りが強かったです。
でも食べた時は、粗挽きの方がパリパリと口の中で砕けて、ほろ苦さと香りが出てきました。
コーヒーを食べたときの歯触りと苦味が嫌いでなければ、粗挽きで一風変わったお菓子作りも楽しいですね。
コーヒー粉入りバターケーキの写真はこちらから

|

« 今週のおすすめ! | トップページ | 新しいメニュー表 »

コメント

すみませんm(__)m場違いをお許しください
実は携帯のメアドを変更したのでメルマガを登録し直したいのですが
どうしてもメルマの登録アドが解りません
申し訳ありませんが
メルマガの登録アドがを教えて下さいお願いします
m(__)m

投稿: 秋月信彦 | 2007年6月30日 (土) 23時05分

お問い合わせいただき、どうもありがとうございました。
メルマガ登録・解除のページのURLは、下記の通りです。
http://www.kimameya.co.jp/mailmaga/mailmaga.html
もし分かりにくいようでしたら、私の方で変更させていただきますのでお気軽にお申し付け下さい。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿: よしえ | 2007年7月 1日 (日) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週のおすすめ! | トップページ | 新しいメニュー表 »