« 今週のおすすめ! | トップページ | 今週のおすすめ! »

2007年6月20日 (水)

コーヒー豆を食べても良いの?

前回、コーヒー豆をチョコレートでコーティングしたお菓子についてお話ししました。
詳しくはこちら
その後「コーヒー豆って食べても良かったの?」といったお問い合わせが多かったので、今日は「食べるコーヒー豆」についてお話ししたいと思います。

○成分の話
コーヒーの成分でよく耳にする「カフェイン」や「クロロゲン酸」は、8~9割はコーヒー液へ溶出するそうです。
そのため普段コーヒーを飲んでいる人は、食べてもそれほど刺激を強く感じることは無いと思います。
では、コーヒー豆を食べることによって摂取する成分は、主に何でしょう?

まず、コーヒー液には殆ど抽出されない「油脂」。そして「タンパク質」や「繊維」等があげられます。つまり普段よく口にしている成分が殆どなので、食べたからどうにかなる?ということは無いようです。

ただ、もし農薬が心配ならちょっと気を付けた方が良いかも知れません。コーヒー豆を丸ごと食べたときの残留農薬検査の情報は見つかりませんが、日本茶を食した場合の残留農薬は、抽出時の3倍になるそうです。
詳しくは、日本茶の農薬をご覧下さい。

○意外と美味
色々なコーヒー豆を食べたことがある方は、ご存知かと思いますが。
新鮮で最適な焙煎加減のコーヒー豆は、食べても美味しいです。私も焙煎修行中は毎日食べていたので、豆の味わいから抽出後のコーヒーの味わいを予想することができます。
つまり、その豆の香り、鮮度、焙煎加減、焙煎技術(中までふっくら焼けているか等)が、だいたい分かる訳です。

美味しいといっても、お菓子のような美味しさではありません。
本来なら処分してしまう部分もすべて味わうので、初めて食べた方は味が強烈でビックリしてしまうかも知れません。
特に、苦味・酸味は強く出てきますので、覚悟してから召し上がっていただく方が良いと思います。

また、コーヒー液より多少刺激が強くなりますので、妊娠中の方や刺激に弱い人、小さなお子様は、あまり食べない方が良いでしょう。
あと、粉々になったコーヒー豆は喉に詰まりそうになりますので、お試しになる時は水を片手に食べることをおすすめします。
中には、つまみ代わりにポリポリ食べるというお客様もいらっしゃいますが・・・。

|

« 今週のおすすめ! | トップページ | 今週のおすすめ! »

コメント

1つ2つ食べてみましたが(きまめやブレンドなので、ブレンドのどの豆かは分からないけど)、香ばしい香りは、いいですね。

ただまあ、苦味が後味として残ったりするので、僕としては、積極的に食べようとまでは思わないけど。

投稿: カイン | 2007年6月23日 (土) 18時18分

お試しいただき、どうもありがとうございます!確かに、そのままパリパリ食べる・・・というのはちょっと辛いですね。
ただ、噛んだ時の香りの良さは捨てがたいので、うまく活用できる方法(レシピ)を見つけて行きたいと思います。

投稿: よしえ | 2007年6月24日 (日) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週のおすすめ! | トップページ | 今週のおすすめ! »