« ほろまろ&さわやか! | トップページ | 求人広告出してます »

2007年3月12日 (月)

電動ミルの故障と修理

○初期不良と故障
以前、電動ミルの初期不良についてのお話をしましたね。
当店での調査で1~2%程度が初期不良と書きましたところ、家電量販店に勤めていたメルマガ読者様(Kさん)から「そのくらいなら、かなりマシ」とのご意見をいただきました。
「なくても生活に困らないAV製品は5~15%くらいに初期不良、10%~30%%くらいに保証期間中の故障があったように思います。」というお話でした。
※Kさん、貴重な情報をありがとうございました。

一方、電動コーヒーミルの保証期間中の修理は、それほど多くはないと思います。当店でも、開店以来一度だけしか修理の依頼を受けたことがありません。それもお客様自身が誤って落としてしまった、というケースで有償の修理でした。
※単に当店が入荷したミルが、丈夫だっただけかも知れませんが。

でも、家電製品と故障は切っても切れない関係。
もし保証期間中に故障したら、どうしたら良いのでしょう?

○通販で購入の場合
店頭でご購入でしたら、そのお店に持って行けばOKですね。
でも通信販売の場合ですと、持って行く訳にはいかないのでメーカー側へ送ることになります。当店で販売しているカリタ製電動ミルですと、カリタさんへ送っていただくことになる訳ですね。

送る、とういことは当然ですが「送料」がかかります。「着払い」で送った場合、故障原因がメーカー側の問題なら無料で直してもらえますが、明らかにお客様側の問題(落下による破損等)だと修理代金と一緒に「送料」を請求されるそうです。
他の家電製品同様、安価なミルですと修理するよりも新しいものを購入した方が安い!ということもよくあるとか。
その辺を確認するためにも、送る前にメーカー側とよく相談していただくことになります。

○長く使い続けるために
せっかく購入した電動ミルですから、できるだけ長く使いたいですね。
私の経験上、大切に使っていただければそんなに簡単に壊れてしまうものではないと考えています。とりあえず取扱説明書をよく読み、禁止事項を把握していただくことが大切ですね。

各メーカー・機種によって詳細は異なりますが、例えば当店で販売している電動ミルKCM-45ですと「60秒以上続けて挽かない」「連続使用する場合は10分以上休んでから」と書いてあります。これは、ミルのモーターが連続使用に弱いという意味なので、必ず守っていただく必要があります。
#逆に言うと、60秒以上挽き続けるだけで致命傷になってしまうということです。
その他にも「水をかけないように」等、色々書いてありますので、ご使用前には必ず確認をしましょう。

家電製品が故障して修理できないと、ただのゴミになってしまいます。資源を大切にするという意味でも、できるだけ長くご愛用いただければと思います。

|

« ほろまろ&さわやか! | トップページ | 求人広告出してます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電動ミルの故障と修理:

« ほろまろ&さわやか! | トップページ | 求人広告出してます »