« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

香りと炭酸ガスの関係

○切っても切れない関係
以前、炭酸ガスと鮮度の関係(炭酸ガスを多く含む→新鮮な豆の証拠)についてお話をしました。
詳しくはこちら
今日は、香りと炭酸ガスの関係についてお話ししたいと思います。

コーヒー豆の香り成分は、約700種類あると言われています。その成分の多くが、実は焙煎豆中に発生する炭酸ガスに含まれています。つまり、挽いて炭酸ガスが発生すると、香りも放出されるということです。
これは、毎日コーヒーをドリップしている方は気づいているのではないでしょうか?
新鮮な豆で、蒸らした時にプクッと豆が膨らむ時(炭酸ガスが残っている時)は、素晴らしい香りがたちこめます。でも、少し古くなってくると膨らみが少なくなり、香りもそれに伴って減ってきますね。

○店で挽くと勿体ない
仕事でコーヒー豆を袋詰めしている私達は、挽き豆でご注文いただくと「私達ばかりこの香りを楽しんでしまって勿体ないな・・・」という気持ちになります。
なぜなら、挽いた時に一番香りが放出されてしまうからです。
挽いた時に、炭酸ガスが約4割放出されると言われています。残りの6割は、徐々に放出されていきます。
(※放出量は、挽き加減等によって変化します)
どんなに焼きたての豆であっても、挽いてしまえばお手元に届く頃は半分程度の香りになっているのでしょうか・・・。
「安価なミルでも、店で挽くよりはずっと良いです!」と私が主張するのはこのためです。健康のために、そしてコーヒー本来の香りを堪能するために。ご自宅にミルご用意いただけると、とても嬉しいです。

ちなみに、市販のコーヒー豆は梱包のためにわざわざ「ガス抜き」をする場合が多いとお話しましたね。「ガス抜き→香り抜き」ということを考えると・・・・しっかりガス抜後に梱包された豆に、コーヒー本来の香りが残っている方が不思議かも知れません。

<参考>
鮮度? それとも真空パック?
炭酸ガスと鮮度
店長おすすめミルのご案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

がぁーん・・・

当店のメール(staff@kimameya.co.jp等)は、yahooメールでは迷惑メールに分類されてしまう!ということが分かりました。他のフリーメールでも、同様に迷惑メールに分類されている可能性があります。
お客様の中にもyahooメール等のフリーメールを使っている方が多く、かなりショックです。スパムメールと同じ仲間になっていたとは・・・。

普段フリーメールを使っていらっしゃる方で、当店のメールが最近全然こないな~という場合は、迷惑メールフォルダを確認してみて下さい。1ヶ月以内なら保管されているかも知れません。なんか、一所懸命書いたメールも読んでもらえないなんて、悲しい話ですね。
インターネットで調べたところ、こういうケースは結構あるようですが。。。

まだ頭が真っ白ですが、何か良い方法を考えてみたいと思います。
何か対処策をご存知でしたら、staff@kimameya.co.jpまでご連絡いただければ嬉しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

ハワイコナ在庫切れ

予告通り、ハワイコナ在庫切れになりましたー。
そのため、本日よりハワイコナ、ハワイコナ深煎り、コナブレンド深煎り、特選生豆セット、特選ほろにが&さわやかセットが在庫切れとなります。
#午後4時半までにハワイコナをご注文いただいているお客様の分は、すでに確保済みですのでご安心下さい。

コナファンの皆様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。
次回入荷予定は1月頃で、ご予約は随時メールで承っております。お気軽にお申し付け下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

メルマガ発行しました

昨日未明、メルマガ「コーヒーの本当の話191号」を発行しました。今回のテーマは「香りと炭酸ガス」です。近日中にこちらでもご紹介したいと思いますので、今しばらくお待ち下さい。

あと。メルマガでも書きましたが・・・ハワイコナが在庫切れ間近になっておりますー。どうもすみません。
10月号のmonoマガジンでご紹介いただいたこともあり、入荷直後から大人気となりました。あっというまに在庫が少なくなり、追加発注している次第です。
でも、今年はどこもハワイコナ不足で、値上がりもしているということです。うまくいけば年末には再開できるとは思うのですが、ハッキリとは断言できないのが辛い所。

ということで、11月20日午前0時半現在ハワイコナの受注は承っておりますが、在庫が無くなった旨確認でき次第「ご予約モード」に変更させていただきます。
受注後でも、在庫確認後にお返事メールで「在庫切れ」となる場合も予想されます。こちらの都合で大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

コロンビア深煎り

今週のおすすめが「コロンビア」になりました!
独特のコクとかすかな酸味で人気のコロンビア。強い苦みはきらいだけど、コクが好き~という方にピッタリの味わいです。
そして定番メニューには無い「コロンビア深煎り」も、特価で販売中です。コロンビアの深煎りが実は美味しい!ということは、生豆でご購入のお客様は気づいている方が多いのではないでしょうか。当店の通常メニューでは中煎りのコロンビアのみですが、深煎りにするとまろやかな苦みとコクが引き立ちます。
こちらは期間限定販売になりますので、この機会にぜひお試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ここのところ

・・・しっかりと睡眠をとっているせいか、日記をさぼり気味です。
今からコーヒーを飲んで寝ぼけた頭をすっきりさせて、ご注文のお返事を送信して・・・順番にやっていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

私の恩師

昨日、私の恩師であるN先生がはじめてお店に来て下さいました。
相模原での講演の帰りに寄っていただいたのですが、久しぶりの再会でとても嬉しかったです。超・多忙な先生でお話できたのは30分だけでしたが、昔と全然変わらずお元気そうで安心しました。

N先生に教えてもらったことは沢山ありますが、今の仕事で一番役立っているのは「研究の手法」だと思います。
右も左も分からなかった学生時代、とりあえず一つの論文を仕上げることに一生懸命でした。今何が問題になっているかを見つけ、その原因は何かを考える。現状をしっかり把握し、どうしたら良いかを提案する・・・。
物事を良い方に変えていくには、そういう地道な作業が必要であることを研究を通して知りました。
そして、一つのことを続けることの難しさと大切さも、教えてもらいました。教えてもらった・・・というよりも、先生の活動を見ていてそう感じたのかも知れません。

今、私は珈琲豆屋という畑違いの職業についてしまいましたが、そのときの経験がものすごく役立っているように思います。
これからも、今の仕事を元気に続けていくことが恩返しだと(勝手に)思って、頑張っていきたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

お返事遅れています

ハワイコナ新豆入荷に伴い、ご注文がたてこんでおります。
そのため、ご注文やお問い合わせのお返事も遅れています。順番にお返事差し上げておりますので、恐れ入りますが今しばらくお待ち下さい。
こちらの都合で大変申し訳ございません。

なお、ただいま(午前4時半)注文いただいた場合は、最短で木曜日の発送となります。
また、木曜日午前中までにいただいたご注文については、今週中に発送できるよう尽力致します。
ご入り用の際は、できるだけお早めにご予約下さいますようお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

パーキンソン病とコーヒー

○カフェインの効用
「コーヒー等に含まれるカフェインが、パーキンソン病の発症を抑える可能性がある」という研究発表がありました。
以下、新聞記事をそのまま抜粋します。
------------------------------
コーヒーなどに含まれるカフェインに、神経細胞の死を抑え、細胞を保護する作用のあることが、鳥取大の中曽一裕助手(脳神経内科)らの研究で分かった。
コーヒーを多く飲む人ほどパーキンソン病の発症率が低いとの疫学調査もあり、そのメカニズムの一端を示すものといえそうだ。

パーキンソン病は、脳の黒質と呼ばれる部分の神経細胞が減り、神経伝達物質ドーパミンが不足して運動障害を起こす病気。治療は薬剤でドーパミンを補う「補充療法」が中心となる。
中曽助手らは、培養したヒトの神経細胞を使い、パーキンソン病のモデルとなる毒性物質などで細胞死を誘発。濃度を変えてカフェインを加え、変化を観察した。その結果、カフェインの濃度に応じて細胞死が抑制された。 
さらに、細胞生存にかかわるシグナル伝達経路を妨げると、カフェイン効果が減ることも確認。この経路を通じて細胞保護効果を発揮していることを突き止めた。

中曽助手は「適量のカフェイン含有飲料は、パーキンソン病発症を抑制する可能性がある。このシグナル伝達経路を活性化させる他の食品や薬剤も、発症抑制効果を持つかもしれない」と話している。
(2006年10月2日 産経新聞より)
-----------------------------

○コーヒーを飲むほど発症しにくい?
パーキンソン病とコーヒーの関係は、以前から色々と調査されてきました。
米国医師会雑誌(2000年5月24/31日号)でも、ハワイの日系男性約8000人を対象とした30年間の追跡調査が報告されています。
その調査結果は、「コーヒーを飲む杯数が多いほど、発症しにくい」というものでした。
コーヒーを1日あたり7杯以上飲む人と比べ、全然飲まない人では5倍以上もリスクが高かったということです。緑茶・紅茶等コーヒー以外の飲料からとるカフェインだけで見ても、カフェインの摂取量が少ないほどリスクが高くなったそうです。

○店長の考察
カフェインの効果はあるようですね。
少なくとも、悪化する心配はしなくて良いと思いました。

1日7杯以上・・・というとビックリしてしまいますが。アメリカのコーヒーはとっても薄い場合が多いので、日本の濃さのコーヒーで換算すると3~4杯くらいでしょうか。
もちろん、緑茶や紅茶にもカフェインが含まれているので、コーヒーやお茶を飲む習慣のある人は、自然とパーキンソン病を予防しているかも知れないですね。
---------------
※パーキンソン病は1000人に1人の割合で発病しているといわれており、日本では現在12万人患者がいると推定されています。65歳以上だと、100人に1人の割合で発病するというデータもあります。

ところで皆さんは、パーキンソン病についてご存知ですか?
私は、今回の記事を取り上げるにあたり、少しですが勉強させていただきました。そして色々と調べていくうちに、患者さん達の中には日常生活を送る上で、大変な苦労をされているケースがあることを知りました。

この難病について理解を深めることで、パーキンソン病の方々が安心して暮らせる環境になりますように・・・。
そんな気持ちを込めて、最後に下記サイトを紹介したいと思います。
「Apple-明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイコナ新豆・新発売!

待望のハワイコナ新豆を入荷しました!
空輸だから堪能できるフルーティな生豆の香り。焙煎すると、コクのある豊かな香りに変化します。大変希少価値の高い「ハワイコナ100%」の本物の味わいを、この機会にぜひお試し下さい。
なお、入荷数量が限られているため、一度のご注文の上限は焙煎豆500g(生豆の場合650g)までとさせていただきます。
こちらの都合で大変恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
#ご注文は、生豆屋トップページ「メニュー&ご注文」→「ストレート豆」(コナブレンド深煎りは「ブレンド豆」)からどうぞ!

あと!今からメールマガジン「コーヒーの本当の話」を発行します。
今回のテーマは「パーキンソン病とコーヒー」です。後日、こちらのブログでもご紹介したいと思いますので、今しばらくお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

金曜日から3連休

11月3日(金)が祝日なので、明日木曜日が、今週最後の発送日になります(土日祝日定休です)。
本日午前中にご注文いただいたお客様は、すべて明日発送できるよう手配中です。午後以降にご注文いただいたお客様は・・・できるだけ発送できるようベストを尽くします!
でも、どうしても限界があります。中途半端なものは発送したくありませんので、来週になってしまうかも知れません。こちらの都合で大変恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようお願い致します。

あと、本日発送分はすべて無事完了しました!が。伝票を店に置いてきてしまいました・・・。
商品発送のお知らせメールは、明日午前中には送信できる予定です。恐れ入りますが、今しばらくお待ち下さい。
あとあと、ご注文等のお返事メールが遅れています。どうもすみません。こちらも明日午前中にはお返事できる予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »