« メルマガ発行 | トップページ | どうもすみません・・・ »

2006年10月22日 (日)

剣道の悩み

先日、稽古に行ってきました。
以前言った通り、まだ面しか打てないのですが・・・その面もよく分からなくなってきました。
なぜかというと、「いつも大きく振りかぶって面を打つ!」という先生と、「小さく振りかぶって早く打てばいい。大きい面は、基本練習や切り返しの時だけで十分」という先生がいらっしゃるからです。
たぶん、面だけじゃなくて胴や小手でも、先生によって色々と意見が分かれるのかなー、という気がします。
こういう時は、どうすれば良いのでしょうか。剣道やっている方で、もしアドバイスいただけるならとっても嬉しいです。

ちなみに、私は今度二段を受験する予定です。小さい面はいつでもできるから・・・ということで、今までは大きい面で頑張ってきました。
でも、「そんなに振りかぶったら、全部分かっちゃうよ」という先生のお言葉も納得できましたし。実際小さく振ると、早い面になるんですよね。はぁ・・・。

|

« メルマガ発行 | トップページ | どうもすみません・・・ »

コメント

初めまして、こんにちは。いわしと申します。剣道歴3年半、二段です。私もメン打ちに関して、同じような悩みを持ってましたが、なんとなくわかってきました。基本稽古や切り返しでは「大きなメン」、地稽古や試合稽古では「小さなメン」を打つ稽古をされたらどうでしょうか?「小さなメン」ばかりだと、特に初段・二段レベルだと手打ちになってしまうからです。「大きなメン」で手首をきかせて打てるようになったら、「小さなメン」も打てるようになる、とある先生に言われた事があります。5段や6段の方も、基本稽古では大きくふりかぶって稽古されてます。でも試合になると大きく振りかぶっていたら、なかなか一本は取れないので、両方稽古されたらどうでしょうか?先生によって使いわけて稽古されるとか・・・
私ごとでは参考になりませんが、先輩剣士にきかれるのもいいかも・・・
という私も「小さなメン」が打てなくて特訓中?です。お互いがんばりましょう!

投稿: いわし | 2006年10月26日 (木) 10時57分

いわしさん、初めまして。アドバイスをいただき、どうもありがとうございました!貴重なご意見をいただき、とても嬉しかったです。
手首をきかせて大きなメン→小さなメンが打てるようになる・・・というイメージが、私はまだつかめていないのだと思いました。どうしても全く別物のように見えてしまいますので。
まだ大きいメンも上手にできていないので心配ですが、これから少しずつ小さいメンも練習していきたいと思います。
しかし。基本稽古と試合稽古で技の使い方が異なるって、不器用な私にはちょっと辛い気がします。小さなメンの素振り(?)でもしてみようかな・・・と思いました。
また何かありましたら、アドバイスお願い致します!

投稿: よしえ | 2006年10月26日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剣道の悩み:

« メルマガ発行 | トップページ | どうもすみません・・・ »