« チョコレート作った。 | トップページ | 花粉症の季節 »

2006年2月21日 (火)

コーヒーを入れる?淹れる?煎れる?

「コーヒーを作る」ことを「コーヒーをいれる」とも言いますね。
この「いれる」に該当する漢字は、どれが適当だと思いますか?
入れる? 淹れる? それとも、煎れる?

もともと日本茶の文化を持つ我が国では、お茶の作り方によって「いれる」という言葉に漢字を当てはめてきました。今日は、コーヒーに使う場合どれが一番適当かを考えてみたいと思います。

(1)「煎れる」の意味
「煎」という語は、「煎(せん)じる」というように、沸騰させたお湯の中にお茶の葉を入れ、煮出して作ることを言います。
もしこれをコーヒーに当てはめるなら、パーコレータやターキッシュコーヒーの抽出過程が似ていますね。

(2)「淹れる」の意味
「淹」という語は、現在普通に行われているように、急須に入れた茶葉に湯を浸してお茶を作ることを指します。
これをコーヒーに当てはめるとプレス式が近いですが、広義ではドリップ式でも大丈夫そうですね。

(3)「入れる」の意味
上記の「淹れる」と「煎れる」の両方の意味を兼ね備えているのが、「入れる」になります。
「入れる」はコーヒーを「作る」の意味だけでなく、カップに「注ぐ」という意味でも使われますので、一番無難な表現だと言えるでしょう。

ちなみに「淹れる」と「煎れる」は、常用漢字(※)ではありません。
つまり「入れる」だけが、義務教育で学習する漢字ということになります。

常用漢字とは漢字の使用を制限するものではありませんが、不特定多数の人を対象にした場合は、常用漢字で書く方が好ましいようです。

(参考)「点てる(たてる)」の意味
湯を加えた抹茶を、茶筅(ちゃせん)で手早くかき回すことを「茶を点てる」と言います。
この意味からすると「コーヒーを点てる」という表現は、ちょっと苦しい感じもします。
でも、お茶を点てるようにコーヒーを入れるという気持ちが伝わってきて、これもまた趣のある表現かも知れません。

※常用漢字:内閣告示第1号(S56年10月1日)に示された「常用漢字表」に、掲載されている漢字のことです。義務教育で学習する漢字は、ほぼ常用漢字に限られています。

|

« チョコレート作った。 | トップページ | 花粉症の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーを入れる?淹れる?煎れる?:

« チョコレート作った。 | トップページ | 花粉症の季節 »