« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

タバコとコーヒーとアディポネクチン

前回の「コーヒー豆知識」のカテゴリーで、「長寿ブレンドの作り方」についてお話ししましたね。
その中で、成人病予防の観点から「コーヒー成分が最も効果的に摂取できるようなブレンド」の作り方についてお話しをしました。
今回は、「タバコとコーヒーの関係」についてお話ししたいと思います。


 タバコを吸う→コーヒー好き?

「タバコを吸う方にコーヒー好きが多い」という話は、開店当初からよく聞きます。
理由は「コーヒーがあると、よりタバコが美味しく感じられるから」、「タバコを吸うと嫌な後味が残るけど、コーヒーを飲めば口がサッパリするから」等々。

また、コーヒーにはリラックス&ストレス解消効果があるので、ちょうど一服するには最適な組み合わせのかも知れませんね。
私はタバコを吸わないので、よく分からないのですが・・・


あと、お客様のお好みのコーヒーを伺って気付いたのは、タバコ好きな方は「深煎りの苦いコーヒーが好き!」という傾向があるということ。
もちろん「浅煎り好き」なヘビースモーカーの方もいたので一概には言えませんが、ギフト贈答先の方がタバコを吸う場合は、とりあえず「一番深煎り」をお勧めするようにしています。


 喫煙によるアディポネクチンの低下をコーヒーで補う

さて、以前お話しした「アディポネクチン」について、覚えていますか?
「超善玉ホルモン」とも呼ばれていて、血中濃度が高くなると成人病にかかりにくいというお話しでしたね。
そして、コーヒーにはアディポネクチンを増やす働きがありコーヒーを飲む量が多いほど血中アディポネクチンも多くなる傾向がありました。

一方最近の研究で、タバコを吸うと血中アディポネクチンが低下し、一日に吸う本数が多いほど血中濃度が低くなる傾向があることが分かりました。また女性よりも男性の方が血中アディポネクチンが低いため、「喫煙する男性」は要注意と言えます。
※禁煙すると、血中アディポネクチン濃度が回復し、20年以上禁煙を続ければ初めから吸わない人と同程度に戻るそうです。

ということは・・・
喫煙する人は、「減ったアディポネクチンを増やすためにコーヒーを飲みたくなるのかも?」と勝手に想像してみました。
健康を維持するために、自然と体が必要なものを欲することはよくあることですので。

例えば、お酒を飲んだ後にコーヒーを飲みたくなるのも、コーヒーによってアルコールが分解される効果が期待できるからでは、という考察をしたことがありましたね。
※コーヒーに含まれるカフェインには、肝臓でのアルコール分解を促す働きがあり、さらに利尿作用もあるので、アルコール分解後の老廃物も体外へ排出されやすくなります。

もちろん、健康のためにはタバコを吸わないのが一番良いかと思います。
タバコを吸う方は、くれぐれもお体にお気を付け下さい。

【本レポートの参照元】については、秘蔵コーヒー豆知識のページ一番下からご覧下さい。

| | コメント (0)

長寿ブレンドを作ろう!

以前コーヒー豆知識のカテゴリーで、「コーヒーでアディポネクチンを増やす!」についてお話ししましたね。
その中で、コーヒー摂取量が増えるとアディポネクチンも増え、中性脂肪と炎症反応の減少、肝機能マーカーの減少をもたらす可能性がある・・・というお話しをしました。
今回は、「長寿ブレンドの作り方」についてご紹介したいと思います。


 コーヒーの成人病予防効果について再確認!

まずは最近注目されている成人病予防効果が期待できる成分について、サッと復習してみましょう。

(1) 浅煎りであるほど含まれる有効成分(深煎りには含まれない): クロロゲン酸
・・・抗酸化作用(老化防止)、2型糖尿病の予防など

(2) 深煎りであるほど含まれる有効成分(浅煎りには含まれない): ニコチン酸(タバコと無関係)
・・・心筋梗塞や脳梗塞の予防など

(3) どちらの焙煎でも含まれる有効成分: カフェイン
・・・パーキンソン病や2型糖尿病の予防など。他成分との相乗効果アリ。

-------
他にも香りの成分など色々あるかと思いますが、とりあえず予防効果が評価されている代表的なものを書いてみました。

上記から、一番効果的にコーヒーを摂取するなら・・・
やはり「浅煎り&深煎りのブレンドが一番!」ではないかと考えました。

配合は、まず半分半分(50%ずつ)がお勧めです。そこから、もっと苦みを減らしたい(増やしたい)というお好みに合わせて微調整してみても良いですね。
※深煎りが多いと苦みが増えます。

もし予防したい病気が限定されているなら、それに合わせればOKです。
例えば脳梗塞などの血管に関する病気だったら深煎りの方を多くするのも良いですし、老化防止に期待したいなら浅煎り多くしてみてはいかがでしょうか。


 長寿ブレンドを作るときの注意点

焙煎が浅すぎると、コーヒーの香りが無く酸味の強い(一般的に流通しているアラビカ種の場合)味わいになり、刺激も強く胃痛の原因にもなります。

また焙煎が深すぎると、炭のようにカラカラになりコーヒー本来の香りは消えて炭臭くなってしまいます。
いくら成分を追求しても、コーヒーの豊かな香りと味わいが無くなってしまったら勿体ないですね。

だから配合する際は、「コーヒーを楽しめる焙煎加減の範囲内でブレンド」するようにしましょう。
せっかくのコーヒーを「不味い!」と言いながら無理してガブガブ飲むよりも、「美味しい~!」と言いながら最高の一杯を飲む方が、ストレス解消効果も期待できますね。

なお「そういう細かいことを考えるのが面倒!」
「とにかく美味しい長寿ブレンドを楽しみたい!」

・・・と言う方は、当店の「有機(無農薬)栽培 長寿ブレンド」がお勧めです!
「成人病予防効果を追求、かつ香り豊かに美味しく仕上げること」をテーマに、丁寧に焙煎・配合しました。
よろしかったらお試し下さい。

※すでに持病がある方、お薬を飲んでいる方は、必ず担当の医師にコーヒーを飲んでも大丈夫か相談しましょう。
現在服用している薬との相性もありますので、くれぐれもご注意下さい。

【本レポートの参照元】については、秘蔵!コーヒー豆知識のページ(一番下)からご覧下さい。

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

夏季休業のお知らせ

下記の通り夏季休業のため、店舗および発送業務をお休みさせていただくこととなりました。
こちらの都合で大変恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

-------------
夏季休業:8月12日(水)~16日(日)まで
※8月17日(月)から平常通り営業致します。

◎休業前配送の最終受付:8月7日(金)まで
-------------
※最終受付前でもご注文が一杯になった場合は、予告なくご注文を締め切らせていただくことがございます。
また、最終受付後でもご注文に余裕がある場合は、休業前に発送させていただくこともございます。
こちらの都合で大変恐縮ですが、予めご了承下さい。

休業中、インターネットでのご注文は承りますが、確認のお返事メールおよび発送は、8月17日(月)以降順次行いますのでご了承下さい。
※休業前後は、発送が大変多くなります。できるだけお早めにご注文下さいますようお願い致します。


お客様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

コロンビア・メキシコ・長寿ブレンドが特価中です!

ただいま有機(無農薬)栽培コロンビア、メキシコ・シエラモレーナ、長寿ブレンドが今週のおすすめで特価中です!

コロンビアは、深みのあるコクと、かすかな酸味、まろやかな口当たりが魅力で、とても召し上がりやすいです。
メキシコ・シエラモレーナは、まろやか苦みと上品なコクが魅力で、酸味が苦手な方、ほろ苦いコーヒーがお好きな方におすすめです。
また長寿ブレンドは、成人病予防の観点からコーヒー成分が最も効果的に摂取できるよう独自に焙煎・配合してあります。特有の豊かな香りと深い苦みをお楽しみ下さい。

メキシコ・シエラモレーナと長寿ブレンドは、ホットだけでなくアイスコーヒーにもオススメの味わいです。
甘いソフトドリンクも美味しいですが、夏バテ予防にブラックでも美味しい「キリッと冷えた透明感のある味わいの究極のアイスコーヒー」はいかがでしょう?

今週のおすすめ(特価)について、詳しくは生豆屋トップページからご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »