« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

ハウスブレンドを作る

 一昔前のはなし
私がコーヒー豆屋をはじめようと思った頃は、ハウスブレンドといえばその店の看板ブレンドで、「店側が沢山売りたいブレンド」の代名詞だった気がします。
沢山売りたい・・・というのは、仕入れの都合だったり、焙煎の都合だったり、安い豆(ロブスタ種)を混ぜて利幅が大きくしたり等々。
お客様側も、看板ブレンドの方が回転が速て新鮮な豆が手に入りやすい、おすすめブレンドだから安心できる、お得に買える、等の利点がありました。
もちろん、当時から看板ブレンドの名にふさわしい「とっておきブレンド」として頑張っているお店もありましたが、主流では無かったと記憶しています。

でも今はどうでしょう?むしろ「看板ブレンドこそ最高のものを!」という傾向があるのではないでしょうか。
個性を前面に出して頑張っているお店が、生き残っていける時代になったのかも知れませんね。


 ストレートとブレンド、どっちが良い?
とはいっても、ストレート豆は相変わらず根強い人気があります。特に自宅で焙煎される方は、ストレートで味わいの違いを楽しむ方が多いようです。
一方、焙煎済みの豆を買う方からは「ストレートよりもブレンドの方が安心して飲める」というご意見をよく伺います。理由は「味わいのバランスがとれているから」「複雑な香味を楽しめるから」「そのお店の一押しだから」「選ぶのが面倒だから」等々。
確かに、お気に入りのお店で美味しいハウスブレンドが見つかれば、それが一番安心ですね。


 ハウスブレンドを作る
でも、もしピッタリの味わいが見つからなかったら・・・
自分のお家ブレンド(ハウスブレンド)を作ってみてはいかがでしょう?
「興味はあるけど、ブレンドの方法がよく分からない」という方のために、下記の通り簡単なガイドを書いておきますね。よかったらお試し下さい。

【1】遠回りしても「自分好みのオリジナルブレンド」を作りたい場合
1)お気に入りのお店で、片っ端からストレート豆を試してみる。
2)好きな順番から2~4種類ほど選んで、色々な配合を試してみる。

最初に配合する時は、一番好きだった豆の配合を一番多くしてみるのがポイントです。
あと少し異なった焙煎加減のものを選ぶと「もうちょっと苦みが欲しい」「もうちょっと酸味が欲しい」という時に、配合を変えるだけで調整ができて楽しいです。また、その日の気分や抽出方法で少しずつブレンドの配合を工夫しても面白いですね。
これは「大好きな豆だけでブレンドしたら、ぜったい美味しいブレンドができる!」法則(勝手に命名)によるブレンド方法です。


【2】簡単に「自分好みのブレンド」を作りたい場合
1)ブレンドにこだわったお店で一押しのハウスブレンドを買ってみる。
2)足らない味わいや香りを、他の豆で補う。例えば、苦みが少し足らないなら深煎り豆を1~2割増やしてみる等。
焙煎加減の違うブレンド2種を好みの配合でさらにブレンドしてみても、新しい発見があると思います。

この方法は「お店のこだわりブレンドだったら、よっぽどのことが無い限り失敗は無いだろう」・・・という前提でアレンジするお手軽ブレンドです。
もちろん「こだわりブレンド」を作る店によってこだわる部分が違うので、事前に確認する必要がありますね。

例えば当店の場合なら、無農薬・有機栽培だけを使ったり、ストレート豆の状態で最適な焙煎加減で仕上げてからブレンドしたり、発送日焙煎で鮮度にこだわったり・・・等々、こだわりのポイントがいくつかあります。
他のお店でも、配合豆や焙煎日、おすすめのポイントを聞いてみると、色々教えてくれるのではないでしょうか。


 おまけ:生豆屋のハウスブレンド
なお当店のハウスブレンド「きまめやブレンド」も、その「こだわったブレンド」の一つです。
美味しいオーガニック豆だけを使用し、それぞれ適正に焙煎した後にブレンド(4種類)、さらに発送日焙煎を徹底しているので・・・

もう販売する側からすると「本当に面倒臭い!」ブレンドになっています。そのため、大量にご注文いただくとスタッフ達の負担が大きくなるので、滅多に今週のおすすめ(特価)になりません。
きまめやブレンドを気に入って下さっているお客様には大変申し訳ございませんが・・・。

その他、きまめやブレンド深煎り、ほろまろ&さわやかブレンド、ヨーロピアンブレンドが当店のオリジナルブレンドになります。どれも焙煎や配合がエライ大変で・・・じゃなくて、個性的で大変ご好評いただいております!よろしかったらお試し下さい♪


きまめやニュージーランド支店長の覚え書きを更新しました!

| | コメント (0)

ニュージーランドのカフェ(フラットホワイト)

ニュージーランド・カフェの歴史

街へ出かけると素敵なカフェを沢山見かけますが、実はコーヒー文化の歴史は浅いです。もともと紅茶の国なので、それほど積極的には飲まれていませんでした。
しかし近年、日本同様エスプレッソ&ミルクの文化が急速に流れ込んできて、カフェの数が一気に増えました。
もともと酪農が盛んでミルクが美味しい国ですから、エスプレッソとの相性も抜群だった訳ですね。


ニュージーランドのコーヒーと言えば?

カフェでニュージーランド特有のコーヒーと言えば、フラットホワイト(Flat White)でしょうか。
オーストラリアとニュージーランドにしかないコーヒーの種類で、カフェ・メニューの一番上の方によく書かれています。

フラットホワイト、簡単に言うと・・・
普通サイズのカップにエスプレッソと泡立てたミルクを入れたもの・・・という解釈で「たぶん」大丈夫だと思います。
なぜ「たぶん」と書いたかというと、カフェによって解釈や作り方が異なるからです。
よく似たメニューに「ラテ(Latte)」がありますが、例えば・・・

陶器カップに入っているのがフラットホワイトで、ガラスだとラテだったり、
ミルクの量が多いとフラットホワイトで、少ないとラテだったり、
泡が多いとフラットホワイトで、少ないとラテだったり、
泡のきめが細かいとフラットホワイトで、粗いとラテだったり・・・

定義がカフェによって違うのは、日本と全く同じですね。
そのため初めて行くカフェではあまり深く考えず、基本のフラットホワイトから注文してみるのがオススメかな?と思いました。

街には沢山カフェがありますので、こちらにお越しの際はぜひ美味しいフラットホワイトを見つけていただければと思います

007


| | コメント (0)

2012年8月25日 (土)

有機栽培きまめやブレンド&深煎りが特価中!

ただいま「有機栽培きまめやブレンド&きまめやブレンド深煎り」が今週のおすすめで特価中です!
きまめやブレンドは、豊かな甘い香りとまろやかなコクを最大限引き出した生豆屋店長の自信作。 ほろ苦さが主体のバランスのとれた味わいで、とても召し上がりやすいです
また、きまめやブレンド深煎りは、深い苦みとまろやかなコクが特徴。上品な香ばしさの中に、甘い余韻が生きています。 ホットのブラックはもちろん、エスプレッソやカフェオレ、水出しコーヒー・アイスコーヒーにもピッタリの味わいです

どちらも当店一押しのブレンド達。どの味が好きかよく分からない~というコーヒー初心者の方にも、自他共に認めるコーヒー通の方にもオススメの逸品です。
この機会に、ぜひお試し下さい

詳しくは、生豆屋トップページからご覧下さい!

| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

本日より平常通り営業致します♪

本日より平常通り営業致します!
ご注文いただいた順番に発送手配しておりますので、どうぞよろしくお願い致します
あと、ご注文のお返事メールも今から順番に書く予定です。お待たせして大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ち下さいますようお願い致します。

もし時間指定も含めて最短のお届けをご希望の場合は、「最短の日時指定で」とコメント欄にご入力下さい。こちらでお調べして、一番早くお届けできる日付・時間帯を指定させていただきます。
特に時間指定がない場合は、コメント欄に何もご記入いただかなくて大丈夫です。無記入の場合、自動的に「最短のお届け日」となりますのでご安心下さい。

お客様の方で時間指定された場合、本来翌日にお届けできるはずの商品が、翌々日になってしまう場合もございますのでご注意下さい。
例えば奈良県にお届けする場合、「時間指定無し」なら「翌日お届け」可ですが、「午前中」または「12-14時」に指定されると「翌々日のお届け」になってしまいます。
もちろんお客様のご都合により時間指定が必要な場合もございますので、こちらからは何も言えませんが・・・。
送る側からすると「できるだけ新鮮なうちに、お客様にお届けしたい」という気持ち強いのも確かです。

もし最短のお届け日時を調べたい場合は、日本郵便のページ「お届け日数を調べる」をご利用いただき「ゆうパック」の部分をチェックしていただければと思います。
左側に当店の郵便番号は「252-0312」をご入力、右側にお客様の郵便番号をご入力いただければ検索できますので、よろしかったらご利用下さい


生豆屋ニュージーランド支店長の覚え書きを更新しました!

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

有機栽培モカ&モカ深煎りが特価中です!

ただいま有機(無農薬)栽培モカ&モカ深煎りが、今週のおすすめで特価中です!
モカは、甘酸っぱい香りと爽やかな風味、上品でコクのある味わいが魅力です。「暑い時には熱い珈琲が一番!」という方にピッタリの味わいです

またモカ深煎りは、強烈な香ばしさとコク、余韻の残る上品な苦みが魅力です。ホットはもちろん、エスプレッソやアイス珈琲にもピッタリ♪ 水出し珈琲でも大変美味しくお召し上がりいただけます

同じモカでも、焙煎加減が違うと全く異なる味わいになるのが面白いですね。
どちらも特価中ですので、この機会にぜひお試し下さい!

 夏季休業のお知らせ
ただいま夏季休業中のため、発送業務もお休みしております。
休業明けの8月16日よりご注文いただいた順番に発送させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
※休業明けは、ご注文が大変多くなることが予想されます。ご入り用の際は、できるだけお早めにご注文下さいますようお願い致します。

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

自分にピッタリな「アイスコーヒーの作り方」を見つけて下さいね♪

さきほど夏季休業前の発送が無事終了しました
当店スタッフ達がよく頑張ってくれたので、特にトラブルもなく助かりました。
あとは、本日発送した商品が無事にお客様のお手元に届くよう祈るばかりです。

----
夏季休業は明日から8月15日までで、休業中全ての業務をお休みさせていただきます。インターネットでのご注文は随時承っておりますが、商品は16日以降ご注文いただいた順番に発送させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
※休業中、店長(私)だけコソッと注文のお返事メールを書く予定です^^

なお休業明けは、大変ご注文が多くなりお待ちいただくことが予想されます。休業明けすぐの発送をご希望の場合は、できるだけお早めにご注文下さいますようお願い致します

----
さて。例年ですと夏季はご注文が減る傾向にあるのですが、今年は特に変化が無かったように思います。
何故でしょう?
アイスコーヒーにピッタリの「深煎り豆」のご注文が、とても多かったので・・・
おうちで美味しいアイスコーヒーを作る方が増えたのかも知れませんね。
新鮮な深煎り豆で作ったアイスコーヒーは、また格別ですから

おいしいアイスコーヒーの作り方は、こちらからご覧いただけます。
いろいろな作り方がありますので、ぜひ自分にピッタリなものを見つけて下さいね♪


生豆屋ニュージーランド支店長の覚え書きブログ更新しました!

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

夏季休業前の受注が終了致しました!

夏季休業前の受注を終了させていただきました。
今後ご注文いただいた場合は、夏季休業明け8月16日からご注文いただいた順番に発送手配させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

----
さて。今から明日出荷分の豆の書き出し・計算をしたいと思います。これは私が毎日やっていることですね。
生豆・焙煎豆の計算、挽き加減の指定、ブレンドの配合比、焙煎する順番等を間違えないように書き出すため、結構神経使いますし、時間もかかります。
でもこれを間違えると、スタッフ達に多大な迷惑をかけてしまいます(>_<)
さらにスタッフ達でフォローできなかった場合はお客様にもご迷惑をおかけしてしまうので、細心の注意を払う必要があるのでした。

明日は休業直前になるため、次の日に代替品を発送することができませんから・・・
ミスをしないように、十分注意して手配したいと思います

| | コメント (0)

「当店の珈琲が飲めるお店」を更新しました!

当店のコーヒーが飲めるお店のページを更新しました!
新しく加わった「こだわりぷりんのお店エクリュ」さん。実は開店当初から当店の豆達を利用して下さっています。
このたび当店サイトでも紹介させていただけることとなり、とっても嬉しいです
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

その他にも、「当店のコーヒーが飲めるお店」ページでは沢山のお店をご紹介しております。どちらの店舗さまも、素材&安全性にこだわったカフェ・レストランさまばかり
殆どの店舗さまはホームページをお持ちですので、お時間のある時にでもご一読いだければ嬉しいです。
そしてお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

夏季休業前発送の受注は、本日〆切です!

夏季休業前発送の受注は、本日8日までとなっております!
当店の豆達をご入り用の際は、できるだけお早めにご注文くださいますようお願い致します。

なお、ご注文の発送日変更やキャンセルがあった場合、明日9日のご注文でも発送可能なことがございます。
〆切後でもキャンセル待ちをご希望の場合は、コメント欄に下記2点をお知らせ下さい。

1)「できれば休業前発送希望」であることをお知らせ下さい。
2)「休業明けの発送になる場合、ご注文をキャンセルするかどうか」を明記して下さい。

※8月11日~15日まで夏季休業のためすべての業務をお休みさせていただきます。
16日よりご注文いただいた順番に発送手配させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。


休業前発送を確実にお約束できるのは、本日8日受注分までとなっております。
ご迷惑をおかけして大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »