« エスプレッソ・レポート(2)「バールで注文する時に」 | トップページ | 腰が痛いよぅ »

2010年10月 2日 (土)

エスプレッソ・レポート(3)「鮮度と砂糖」

前回、バールでエスプレッソを注文する時の注意点等についてお話ししましたね。
詳しくはこちらから
今日は、いよいよ「本場エスプレッソはどうだったか?」について、お話ししたいと思います。

コーヒー豆の鮮度について
残念ながら、新鮮な豆から抽出されたエスプレッソには、あまり出会えませんでした。
持ち帰り用のコーヒー豆も、挽いた状態で販売されているのが普通でしたし、バールは沢山あっても自家焙煎店は見かけませんでした。
※単に、私が行った所が偶然そうだっただけかも知れませんので、予めご了承下さい。

「自宅でミルを使って焙煎豆を挽く、という習慣は殆ど無い」という現地情報(ローマ在住の方)もあり、もしかしたら鮮度は気にしない傾向があるのかな?と思いました。
もちろん日本でも、鮮度を全然気にしない方はいらっしゃいますね。
むしろ、気にする人の方がずっと少ないかも・・・。

ちなみに「缶コーヒー」は売っていませんでした。自動販売機も街中では見かけなかったです。
そういえば1つだけ、ヴァチカン美術館の出口付近にジュースが出てくる販売機があったような・・・でも、コーヒー類は無かったです。
やはり「コーヒー=エスプレッソ」の国なんだなぁ、と思いました。

エスプレッソと砂糖の関係
「新鮮かどうか」は、エスプレッソでは分かりにくいと思います。なぜならエスプレッソには砂糖を必ず入れるため、微妙な味わいの違いが見逃されやすいからです。
さらにミルクをたっぷり入れたら・・・殆ど分からなくなりますね。
もちろん体質的に古いコーヒーが無理な方もいるので、味だけの問題ではありませんが。

ところで、なぜ必ず砂糖を入れるのでしょう?
以前「エスプレッソを無糖で飲むのは、日本人ぐらい」という話を聞いたことがありました。砂糖を入れないでエスプレッソを飲むのは、どうやらとても変なことのようです。
どのくらい変かというと・・・日本食で例えるなら「ダシを入れない味噌汁」くらい変なのかなと思いました。
ダシ無しだと味噌の風味がよく分かりますが、とても飲みにくくなりますね。味噌本来の味わいも、引き立ちません。
きっと、そんな切っても切れない関係なのかな?と思いました。

私も、バールでエスプレッソを飲むときに「やっぱり砂糖を入れるべきだろうな~」とは思ったのですが・・・どうしても味を見たかったのでブラックで飲んでいました。
さらに、一人でエスプレッソとカプチーノの両方を注文することも多々あったので、相当変な日本人に見えたと思います。
とりあえず誰にも迷惑はかけていなかったので良いかな~と、開き直っておりましたが・・・。

次回は、エスプレッソのクレマについてお話ししたいと思います。
--------
・・・レポート(4)に続く。


無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)

|

« エスプレッソ・レポート(2)「バールで注文する時に」 | トップページ | 腰が痛いよぅ »

コメント

砂糖なしのエスプレッソって、砂糖なしのチョコレートみたいなものかもしれません。カカオの味は(よく)わかるのかも...。

だしなしの味噌汁。
そばつゆなしのそば。
砂糖なしの梅酒。

投稿: Shira | 2010年10月 2日 (土) 10時13分

なるほどー。
確かにチョコレートは砂糖が入っていて当たり前な感じですね。
そばつゆ無しのそばは、大丈夫かも。味付け無しで、そばがき食べるの好きなので。
砂糖無しの梅酒は・・・どうでしょう?

投稿: てんちょー | 2010年10月 2日 (土) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エスプレッソ・レポート(2)「バールで注文する時に」 | トップページ | 腰が痛いよぅ »