« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

平常通り営業できて嬉しいです~

本日より、平常通り営業しております!
無事営業再開できて、嬉しいです

実は、8月30日から予定通り営業できる確率は、80%程度と思っておりました。
そのため、万一帰国できなかった場合の段取り(マニュアル)も作成、帰国できない状態が長引いた場合も想定してスタッフ達に伝えておりました。
私の性格が慎重すぎ&心配性というのもありますが、個人旅行で初めて訪れる国(イタリア)もあり緊張していたと思います。
日程もすべて自分で決めて動いたため、もし何かあっても・・・誰も気付かない!という状況でした。

そんな中、唯一の生存確認(?)が出来たのがTwitterでした。
とりあえず手元のiPhoneで毎日つぶやいて、どなたかがコメント下さって・・・もし途切れたら、きっと誰かが気付いてくれるに違いない・・・という根拠のない漠然とした安心感があったのは確かです。
夏季休業中に、当ブログや当店Twitter、当店サイトを気にかけて下さった皆さま、本当にどうもありがとうございました。
また、休業に合わせてご注文下さったお客様、休業のためご要望にお応えできなかったお客様、ご迷惑をおかけして本当にどうもすみませんでした。

今回エスプレッソの国イタリアと、世界一のコーヒー消費量の国フィンランドを訪れて、大変勉強になりました。
この経験から、今後はさらに当店の豆達を「誇りを持っておすすめできる!」と確信しております
これからも皆さまのご期待にそえるようスタッフ一同尽力して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。


無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)

| | コメント (2)

2010年8月28日 (土)

有機栽培きまめやブレンド&きまめやブレンド深煎りが特価中!

休業前の予想外の出荷量で、「ブラジルミナスが在庫切れ→メイン配合のきまめやブレンドが在庫切れ」となり、ご迷惑をおかけ致しました。
休業明けの30日からブラジルミナス出荷できるようになりましたので、「きまめやブレンド」も大丈夫です!
本日より今週のおすすめ(特価)になりましたので、お見逃し無く~

「きまめやブレンド」は、豊かな甘い香りと、まろやかなコクを最大限引き出した生豆屋の自信作。 ほろ苦さが主体のバランスのとれた味わいで、とても召し上がりやすいです。
また「きまめやブレンド深煎り」は、深い苦みとまろやかなコク。上品な香ばしさの中に、甘い余韻が生きています。 ホットのブラックはもちろん、エスプレッソやカフェオレ、カプチーノ、水出しコーヒーやアイスコーヒーにもピッタリ!
この機会に、ぜひお試し下さい♪

詳しくは今週のおすすめページから。


無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)

| | コメント (2)

イタリア&フィンランドから帰ってきました~

11日間もお休みをいただき、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。
さきほど、無事に帰ってくることができました。
旅行中Twitterでお声をかけて下さった方々、インターネットへの接続等についてアドバイスを下さった方々に、この場をお借りして御礼申し上げます。
本当にどうもありがとうございました

今帰ってきたばかりで頭の中が整理できておらず、何から話したら良いものか見当も付きませんが・・・
イタリアもフィンランドも、行って良かった・・・本当に行って良かったです
観光も素晴らしかったし、文化や国民性の違いも肌で感じることができました。
ローマのエスプレッソやカプチーノも、想像していたものとは違いました(後日ご報告予定)。
そして一番の財産は、様々な人との出会いでしょうか。スーパーの人と顔見知りになったり、ホテルのスタッフと楽しく会話したり、飛行機で偶然席が近かっ人と話しが盛り上がったりなどなど。
たくさんの思い出が、私の中で大切な宝物になって残っています。

もう1つ。海外へ行くと、日本て本当に素晴らしい国なんだなぁ~と実感できるのが嬉しかったです。
日本の文化を大切にしようとか、日本食って素晴らしい!とか。
国内に居るとどうしても悪いところが目に付きますが、海外に出たからこそ実感できる良さも色々ありました。

話始めると止まらないので、この辺で今日はやめておきたいと思います。
とりあえず無事帰国のご報告まで・・・。


写真は、命がけ(?)で撮ったカプリ島「青の洞窟」。
お気に入りの一枚デス♪きまめやTwitterより。
Photo_2


| | コメント (2)

2010年8月22日 (日)

ローマより

イタリアのローマから投稿です。
こちらの生活にも少しずつ慣れて来ました。バールでエスプレッソやカプチーノを注文するのも最初は大変でしたが、もう大丈夫♪
英語と日本語、たまに怪しいイタリア語(と笑顔^^)を織り交ぜて、伝えています。

あいかわらずパソコンがネットに繋がっていないのでメールチェックできませんが、Twitterではまめにつぶやいています。
がんばって写真も投稿しておりますので、よかったらご覧ください。http://twitter.jp/kimameya

追伸 本ブログでコメントいただいても、すぐお返事できません。どうもすみません(>_<)

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

ただいま夏季休業中です

ただいま夏季休業中のため、すべての業務をお休みしております。詳しくは、トップページからご覧ください。

現在、本場エスプレッソを体感するたイタリアに来ております。築300年のホテルに滞在で、壁厚50cmのため、無線、有線共インターネットに繋がりません(>_<)
iPhoneの接続もギリギリで、しょっちゅう切れます。そのため、メールチェックや送信、ブログの更新やコメントのお返事も無理そうです。どうもすみません。
私の生存確認は、Twitterで(^^)/

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

受注〆切まであとすこし☆

夏季休業前発送の受注〆切まで、あと少しになりました~
とりあえず、現在の受注状況を御報告致します

ただいま大変ご注文が多い状況です。
お客様のご要望にお応えするべく日々発送業務に取り組んでおりますが・・・・もしかすると、〆切前に受注終了となってしまうかも知れません。
その際は、トップページのお知らせでお詫び致しますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
一日の配送量限界が決まっているため、大変恐縮です・・・。

あとご注文時の注意事項を少々。
現在、ご注文のお返事メール→出荷までの流れが、通常時よりも速いです(スタッフ増員で対応しているため)。
それで万一ご注文時に挽き加減等を誤入力があると・・・そのまま気付かずに発送!ということもございます。

ご要望通りの挽き加減でお渡しできないのは当店としても大変辛いので、ご注文時にはくれぐれもお気をつけ下さいますよう心よりお願い申し上げます。
こちらの都合で大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

※夏季休業のお知らせは、生豆屋トップページ↓からご覧下さい。
無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

水出しコーヒー徹底比較2(あなたにピッタリの抽出法?)

新発売の格安iwakiパイレックス・ウォータードリップコーヒーサーバー(以下「iwakiサーバ」と略す)と、以前当店で販売していたハリオ・ウォータードリッパー・ポタ(以下「ポタ」と略す)。
どちらも滴下式の本格的な水出しコーヒーで、すっきりとした形・無駄のない抽出経路・何度も使えて環境に優しいフィルターが特徴。
小型なので冷蔵庫で抽出可能、抽出完了時にはちょうど良く冷えているのも魅力です。
でも。iwakiサーバは、ポタの約10分の1の値段・・・。
一体何が違うのでしょうか?

どんな人にiwakiサーバがおすすめ?
iwakiサーバは、恐らく滴下式の水出しコーヒーサーバーの中ではダントツの安値!ではないでしょうか。
※ポタ定価      21,000円
※iwakiサーバ定価 2,100円 (→当店価格1,500円税別)

iwakiサーバが安い理由として考えられるのは、下記3点です。
1)フィルターと水タンク部分がプラスチック製のため(ポタはフィルターは金属製、水タンクはガラス製)
2)滴下速度の調整ができない(ポタは調整可能)
3)抽出量は4人分(ポタは5人分抽出可)
-----------
1)のプラスチック製について。
フィルター部分は、ポタよりも目が細かいためコーヒー粉が落ちにくく、コーヒー液には透明感があります。ただ、プラスチック製で強度が劣るため、洗浄時にはフィルターが破損しないよう注意が必要です。
※力を入れてゴシゴシ洗ったりしなければ、大丈夫です。
※抽出後のコーヒー液を受けるサーバは、ガラス製です。

2)の滴下速度について。iwakiサーバは調整できず、比較的速い滴下で「あっさりスッキリした味わい」に仕上がります。
※抽出は約2時間で完了です。

3)抽出量について。iwakiサーバは1人分少ないため、全体的にポタよりも一回り小さいです。

----------
以上のことから、iwakiサーバは・・・
・「あっさりスッキリした味わいが好き!」
・「短時間で抽出して、すぐに飲みたい!」
・「一度に4人分抽出できれば十分!」
・「安く本格的な水出しコーヒーを楽しみたい!!」
という方にピッタリ
だと思いました。

部分的にプラスチック製ではありますが、冷水抽出なので可塑剤の溶出も問題無く、むしろ「割れなくて扱いやすい」というのが使用した感想です。

もしどうしてもiwakiサーバで濃さを調整したい場合は、コーヒー豆の挽き加減を変えることで対応できます。
細め中挽き~中挽きがおすすめですが、さらに細かく挽けば濃い味わいに。粗く挽けばあっさりした味わいに仕上がります。
※iwakiサーバ用に挽き豆でご購入の場合は、下記の通り「挽き加減」を選んで下さい。
・あっさり味がお好みなら、「中挽き(カリタ・ペーパーまたはコーヒーメーカー)」を選択。
・メーカー推奨標準なら「細め中挽き(水出しポット)」を選択。
・濃い味わいなら「細挽き(水出しコーヒー)」を選択。

また、フィルター底部に「丸く切ったネル(直径約5cm)」を敷いてコーヒー粉を入れると、滴下式では難しい「まろやかさ」を出すこともできます。これもまた美味ですので、よろしかったらお試し下さい。

浸透式との比較
一方、浸透式の「水出しコーヒーポット」や「水出しコーヒーバッグ」と比較すると、味わいはどう違うのでしょうか?
iwakiサーバが約2時間で抽出するのに対して、水出しコーヒーポットは24時間、水出しコーヒーバッグは3日間抽出。
滴下式が一滴一滴コーヒー粉のフィルターを通すのに対し、浸透式は水と長時間接触させることで「ゆっくりじっくり」抽出するので、全然時間が違いますね。

時間がかかる分「香り」は減りますが、浸透式ならではの「まろやかさ」や「コク」を十分引き出すことができます。
つまり水出しコーヒーの「まろやかなコク」を最優先させるなら、やっぱり浸透式でゆっくり!・・・ということになりますね。

---------
さて。あなたにピッタリの水出しコーヒーは、見つかりましたか?
ちなみに我が家の冷蔵庫には、iwakiサーバ・水出しポット・水出しバッグの3種類が常時ストックされています。
ちょうど時間差ができて都合が良く、どれも違った味わいで楽しいです♪
よろしかったらお試し下さい。

※参考リンク・画像等は、秘蔵!コーヒー豆知識「更新情報」から
水出しコーヒー徹底比較2」ページ下部をご覧下さい。


無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)

| | コメント (2)

2010年8月 5日 (木)

有機栽培ペルー&ヨーロピアンブレンドが特価中です!

ただいま、有機栽培ペルー&ヨーロピアンブレンドが特価中です!
ペルーは、苦み主体のバランスのとれた味わいで、ストレートなのにブレンドのよう。個性的な味わいは苦手な方、夏でもホットが好きという方にピッタリです♪
またヨーロピアンブレンドは、強烈な苦みとコク、香ばしさが際立ちます。アイスコーヒー・水出しコーヒーはもちろん、カフェオレやエスプレッソにピッタリの味わいで、強い苦味がお好きな方はブラックでも大変美味しくお召し上がりいただけます。
どちらも今週のおすすめで特価中ですので、この機会にぜひお試し下さい~
詳しくは、こちらからどうぞ


無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

Googleで検索すると1位?今だけ(ここだけ)・・・

お客様から「今Googleで検索するとキーワード『生豆』で1位になっているよ!」と、教えていただきました。
生豆で?なぜこのブログ?!
ちょっと不思議だったのですが、こういうのは確かとっても流動的なものでしたね。だから、間違えて一瞬1位になってくれたのかな~とか勝手に想像しました。
で。せっかくなので記念に生豆(屋)のことでも書こうかなと思いました
※後日談:Googleはログインしている人に合わせて検索結果をびみょーに調整してくるそうで、教えてくださったお客様に合わせて(当ブログをよくご覧になっていた等)1位になったのかも?とのことでした(さきさんよりアドバイス♪)。

まず店名から。
何で生豆屋っていう名前なの?と地元の小学生からよく聞かれます。そういう時は・・・
「毎日生豆を焙煎して焼きたて豆だけを販売しているから」とか「生豆でも販売しているから」等お返事しています。

開店当初は、生豆でも販売している店は少なく、ましてや有機栽培(当時は無農薬栽培と呼ばれていた)生豆となると殆ど無かったのではないでしょうか。
まだ有機JAS法も施行されていなかったので、有機栽培(オーガニック)という言葉自体が周知されておらず、「そもそもコーヒーに農薬使ってるはず無いのでは?」という感じでした。
#除草剤・殺虫剤等は、有機栽培でなければ使っていると考えて良いかと思います。使った方が栽培がずっと楽ですし(^^;)

その後、私のtwitterでもフォローしているkaimai_mizuhiroさんから「メールマガジンを書いてみたら?」とアドバイスをいただき、「コーヒーの本当の話」を発行することになったのでした。
メールマガジン発行後、かなり反響がありましたね。それから、メールマガジンをまとめた「秘蔵!コーヒー豆知識」を発表、さらに通販に力を入れるようになり現在に至っている・・・という感じです。
あと、本ブログを勧めて下さったGさん、新サイト注文フォームの修正に尽力して下さったKさん、困ったときにさりげなくアドバイス下さるSさんなどなど・・・ここに書き出したい方々が沢山いらっしゃいます。

当店も開店して12年目に入りましたが、お客様から貴重なアドバイスをいただいたおかげで今があるんだなぁ・・・とつくづく思いました。
お客様からの率直なご感想、ご意見・ご要望も、本当に有り難い限りです。
これからもスタッフ一同尽力して参りますので、どうぞよろしくお願い致します


無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)


| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »