« 有機栽培コロンビア新豆入荷しました! | トップページ | 本場エスプレッソを求めてイタリアへ行ってきます! »

2010年5月20日 (木)

あえて焙煎豆の袋に穴をあける理由

焼きたて→炭酸ガスが出る
「どうしてコーヒー豆の袋に穴を開けるの?」と、お客様からお問い合わせをいただきました。
当店から焙煎豆を出荷する場合、袋に穴が開けてあります。具体的には専用のビョウで小さな穴を開け、そこにバルブシート(通気孔シール)を貼った状態です。
当店の焙煎豆をご注文いただいたことのある方なら、きっとご存知ですね。
----
コーヒー豆は、焙煎されると炭酸ガスを放出します。その放出量は豆の状態によって違い、焙煎豆のままなら少しずつゆっくりと、挽き豆(店で挽いた豆)なら一気に放出されます。
また焙煎直後は特に放出が多く、それを袋の外に逃がさないと風船のように膨らんでしまいます。風船状態だと、宅配中に破裂する恐れもあり危険ですね。
そこで、「炭酸ガスを袋の外へ適度に放出させるため」に穴を開けているのでした。
この「適度に放出」という所がポイントです。
なぜなら炭酸ガスは悪者ではなくむしろ「香りの使者」なので、放出しすぎると困るのでした。

炭酸ガスが残っているから、香りがある
以前、炭酸ガスは香りとセットになっていることをお話ししましたね。炭酸ガスが焙煎豆に含まれているからこそ、香り豊かで、蒸らした時にプックリと膨れると・・・。
つまりコーヒー豆の袋に穴を開けて炭酸ガスを逃がすのは、あくまでも焼きたて豆を出荷するための手段に過ぎないということです。

そのため、コーヒー豆が到着したらより密閉度の高い容器に入れかえることをおすすめしています。いくらコーヒー豆専用のバルブシートでも、通気が有るということは密閉が保たれていないことになりますから・・・。
※面倒な時は、袋2を二重にしたり、バルブシート部分の上からテープ等を貼っても多少効果があると思われます。

新鮮なら、真空パックや缶詰は無理
真空パックや缶詰は、焙煎後しばらく置いて炭酸ガスがすっかり抜けてから詰めるのが原則。そのため、香りが残っていないのは仕方がないと思われます。
もしコーヒー豆が新鮮なうちに真空パックしたら、袋がボールのように膨らんでしまいますし、缶詰めも変形・破裂したら危険ですね。
---
当店でも、お客様から「真空パックにして下さい」というご要望をいただくことがありますが・・・焼きたてを発送するのが鉄則なので無理なのでした。
「鮮度をとるか、真空パックをとるか」と聞かれれば。やっぱり鮮度を取ってしまいますね。
焼きたてのコーヒーの美味しさを一度知ってしまうと、戻れませんから・・・。


無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店生豆屋(きまめや)
店長つぶやき(Twitter)

|

« 有機栽培コロンビア新豆入荷しました! | トップページ | 本場エスプレッソを求めてイタリアへ行ってきます! »

コメント

焼きたての香りを楽しめるのは、焙煎する者だけの“特権”かと存じます。
この素敵な香りを、少しでも早くお客様に届けたいという
店長さんのお気持ち・・・痛いほどわかります。
“継続は力なり”その努力は必ずやお客様に届きます。

投稿: 大造 | 2010年5月21日 (金) 10時44分

大造さん、こんにちは~
あたたかいお言葉、どうもありがとうござます!
共感していただき、とっても嬉しいです。

「継続は力なり」は私も大好きな言葉で、いつも自分に言い聞かせています。
仕事の時はもちろん・・・剣道の稽古の時は特に(^^;)

投稿: よしえ | 2010年5月21日 (金) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有機栽培コロンビア新豆入荷しました! | トップページ | 本場エスプレッソを求めてイタリアへ行ってきます! »