« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

救命について考える

先週末、店にいると「ドーン」という衝撃音に「キャー」という悲鳴が聞こえてきました。
「あー、また事故。お願いだから軽傷で済んで・・・」と祈りつつ外を見ると、バイクに乗っていたと思われる人が道の真ん中で倒れていました。
すでにお向かいの方が救急車を呼んでいて、あとは待つばかり。
しかし、そんなに早く救急車は来てくれないので、とりあえず応急手当の必要があるか判断しなくてはなりません。

意識はある、脈も大丈夫。でも、動けない状態。
交差点の真ん中の出来事だけど、こういう場合は動かしてはいけないはず。
車の誘導をしないと、二次災害も怖いな~と思っていたら、ご近所の皆さんがやって下さいました。
何度も事故があると、ご近所の皆さんも慣れているようですね。
5分ほどで救急車が到着したので、私は店に戻りました。

さて。ここで問題なのは、「もし意識が無くて、脈も無かったら?」ということです。
心臓マッサージは人形相手にしか、やったことがありません。でも、目の前で倒れていたら考えている暇も無いはずです。
もし大量の出血があったら?心臓に近い方の部分をヒモのようなもので結んで止血するとか、やらなくてはならないのですよね・・・。
#他にも、5分間にやらなくてはならないことがあったら、教えて下さい。

「人助けをしたい」とか「人の役に立ちたい」とか、そんな格好良い話ではないのです。
単に、「あの時、救命していれば・・・」と後悔するのがイヤなだけ、なのです。

だから、救急車到着までの5分間に、できることはやりたいなと思うのでした。
#当店の前の交差点は、とっても危険です。バイクや車の方は、くれぐれもご注意下さい。

| | コメント (6)

2007年11月27日 (火)

雪降らせました~

そろそろ12月だし。私にとっては十分過ぎるほど寒いので、トップページに雪を降らせてみました。
この辺りはまだ雪が降る気配はありませんが、もしコーヒーの木を屋外で育てている方がいらっしゃったら、もう限界なので温かいお部屋に入れてあげて下さいね。

私は本当に寒がりなのに。
学生時代は、無謀にも北欧へ留学しよう!と意気込んでおりました。
実際には奨学金がとれず断念というお粗末な結果となりましたが、今となっては良い思い出です。いつか、また北欧へ行ってみたいです。

中でもフィンランドは、絶対もう一度行きたいですね。
アルヴァ・アアルトの建築が好きでロヴァニエミまで行った時のこと。ついでにサンタクロース村までバスで行ったのですが、その時に見た景色が忘れられません。
ちょうど秋で、色鮮やかな紅葉が地平線まで続いていました。北極圏で、ここから先は殆ど人が住んでいないだろうと思われる大自然。地元の人には当たり前の景色でも、私には十分新鮮でした。
フィンランドの人達も、親切な方が多かったように覚えています。
超ビンボー旅行で、ヒッチハイクのお世話になったこともありますし。今思えばかなり無謀な話ですが・・・。

余談でした。
えーと何かお知らせがあったような。
そうそう、今週のおすすめが「有機栽培エルサルバドル&エルサルバドル深煎り」になりました!
エルサルバドルは、ミルクのようなコクとほろ苦さ、まろやかでバランスのとれた味わいが魅力。そして、深煎りは、甘い風味と香ばしさが際立っています。
この機会に、ぜひお試し下さい~。


| | コメント (0)

2007年11月23日 (金)

豆達の写真撮影

昨夜遅くまで、新HP用の写真撮影を行いました。
カメラマンは、お友達のGさん。
写真は趣味の域とのことですが、本格的に機材を準備、撮影に臨んでいました。
照明とか色合いとか分かりやすさとか。色々なことを考慮しながら撮影は続きます。写真という道具を使って、いかにお客様に商品の良さを伝えるか、いかに正確な豆の色合いを伝えるか。
妥協することの無い姿勢から、写真に対するコダワリをひしひしと感じました。
新HPのデザイン・ご注文フォームだけでなく、今までとはひと味違う画像達にもご期待下さい~。

| | コメント (0)

ハワイコナ事情

今年度産ハワイコナの入荷予定数量が決まりました。
ご予約いただいているお客様には、今月末頃にご連絡差し上げることになるかと存じます。入荷次第のご連絡となりますので、場合によっては来月初めになってしまうかも知れません。
※今回も、500g(生豆650g)制限とさせていただきますので、500g以上ご注文のお客様にはその旨お知らせし、変更をお願いすることになるかと存じます。予めご了承下さい。

なお、ご予約量の総量を計算しました所、すでに入荷量を満たしていることが判明しました。
そのため、今後ご予約いただいた場合は来年1月頃のお渡しになりますので予めご了承下さい。
-------
当店のコナがすぐに売り切れになってしまう理由は・・・
一つは、雑誌等で取り上げていただいたため、当店コナの需要がとても増えたこと。
もう一つは、アメリカ本土でも大変人気のある農園産のもので、日本への輸出量が限られてしまうこと、があげられます。

結果として、コナファンのお客様にはご迷惑をおかしてしまい大変恐縮です。
こちらの都合で大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い致します。

| | コメント (2)

2007年11月21日 (水)

信じられない出来事

お菓子を作った時のこと。
バターを必要な分だけ切って、残りをラップに包んで冷蔵庫へ。
包んであったアルミ紙は要らないから、ゴミ箱へ・・・と紙を捨てたつもりだったのですが、なぜか残りのバターの方を捨ててしまいました。
ゴミの中に埋もれる貴重なバター。手には紙くず。
「うそ。何で・・・?」

しばらく、自分のやったことが信じられませんでした。
敗因は、利き手の右手にゴミを持ち、左手がバターだったからとも、出来上がったお菓子のことばかり考えていたからとも言われています。
これは仕事の時だけじゃなくて、日常生活でも指さし確認が必要になってしまったということでしょうか。
今後、片手ゴミの時には気を付けたいと思います。

| | コメント (3)

2007年11月17日 (土)

ぎゃる一問一答

ぎゃるの友達がご来店。
#ギャルの定義は良く分からないですが、つまり女子学生ってことにしておきます。
普段思っている不思議について、質問してみました。

店長:腰パンてさ、度が過ぎると変じゃない?
ぎゃる:いや、あれはファッションだから良いの。

店長:でもさ、冷静に考えてみてよ。ズボン下げすぎてパンツ見えてるんだよ?変だよね?短足に見えるし。
ぎゃる:いや、あれはオシャレだから。わざと見せてるの。上げパンよりずっと良いよ?上げパンはきもい。

店長:あげぱん?(揚げて砂糖つけたやつ?)
ぎゃる:ほら、ウエストまでズボンをあげてるやつ。

店長:あー。じゃ、私のGパンは上げパンだな。だって腰パンはお腹冷えちゃうでしょ。
ぎゃる:まぁ・・・おばさんは可。
店長:(おい)

店長:もしかしてジーンズショップのお姉さんが「こういうGパンは最近あまり無くて・・」と言っていたのは、「きもい」という考えが主流だから?
ぎゃる:たぶん、そうかな。

店長:でもさー。私が学生の頃は制服のスカートを長くするのが流行っていたんだけど、今の学生は大変だね。男の子も女の子も、隠すんじゃなくて見せる方が流行っているから。冷え性の人なんかどうするんだろうね。
ぎゃる:我慢するしかないねぇ。

店長:オシャレなら、仕方ないか。今どきの子は、寒くても頑張って偉いね。
ぎゃる:うん、頑張っているでしょ。

店長:私も、今ぎゃるだったら、やっぱりやってるかなぁ。昔はスカート少し長くしてたから。
ぎゃる:絶対やっていると思うよ。私も下げすぎず、まぁ腰パンていうくらいが好きだからさ。でも上げパンは×!

店長:ふーん。じゃ、私もちょっと腰パンのGパン買ってみようかなぁ。
ぎゃる:うーん。冷えたら困るから無理しなくて良いんじゃない?

店長:そうだね。やっぱりやめておくよ。寒くなってきたし。風邪引かないように、気を付けてね。
ぎゃる:私は、ほどほどに腰パンだから、そんなに冷えないよ。大丈夫。

| | コメント (2)

2007年11月16日 (金)

テスト注文にご協力お願い致します。

新しいホームページのご注文フォームが出来つつあるのですが、制作側にドップリ浸かっていると「使いやすさ」を客観的に判断するのが難しくなります。
そこで、お願いなのですが・・・
いつも当店ホームページから注文して下さっているお客様で、テスト注文にお付き合いいただける方がいらっしゃいましたらメールいただけますでしょうか。
#メール送信の際、件名は「テスト注文OK」にしていただければ、嬉しいです。「テスト注文OKよ」でも「テスト注文OKだぜ」でも大丈夫です。<どうでもいいですね。
その際、お使いのパソコン(例えば、WindowsXP使用等)についてもお知らせいただければ助かります。

予算の都合上、大幅な変更は難しいのですべてのご要望にお応えすることはできないかも知れません。
でも、ちょっとデザインを変えることで使いやすくなるかも・・・ということも考えられます。
また、Macからのご注文は「たぶん」大丈夫だろう、という制作会社からの意見もあり・・少し心配だったりもします。(Macが会社に1台しか無いそうです・・)
ご多忙中のところ大変申し訳ございませんが、皆様のご協力をお待ちしております。

-----------
沢山のお客様に、テスト注文のご協力をいただき誠にありがとうございました。
只今をもちまして、ご協力受付を終了させていただきました。

皆様の貴重なご意見を参考に、ただいま調整しております。
恐れ入りますが、新HP開店まで今しばらくお待ち下さい。
(11月19日14:08現在)


| | コメント (2)

2007年11月14日 (水)

マンデリン&マンデリン深煎り

マンデリン・ファンの皆様、お待たせしました!
ただいま今週のおすすめで、有機栽培マンデリン&マンデリン深煎りが特価中です。
マンデリン好きで、マンデリンしか飲みません!という方、結構多いですね。不細工で不揃いな豆達ですが、自然の風味豊かな味わいは有機栽培ならではのもの。
苦みとコクが大好きな方は、この機会にぜひお試し下さい。

あと、新豆ハワイコナの発売ですが、もしかすると12月、最悪の場合は来年1月になってしまうかも知れません。
状況が分かり次第また改めてお知らせ致しますので、恐れ入りますが今しばらくお待ち下さい。
こちらの都合で大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

シェードツリー(shade tree)と単一栽培

○シェードツリーとは?
日陰用の樹木のことです。
ご自宅で育てている方はご存知かと思いますが、コーヒーの木は直射日光に当たり続けると葉が日焼けしてしまいます。
そのため、産地の農園ではバナナやマンゴー等の背の高い樹木をコーヒーの木と一緒に植えて、適度な日陰をつくっています。

シェードツリーと一緒に植えると・・・。
単位面積当たりの収穫量が少なくなり、コーヒーの実の収穫にも手間がかかります。
なぜなら、シェードツリーと混在しているため安易に機械を使うことができず、手摘みで収穫することになるからです。
とても手間がかかる作業ですが、農園には様々な樹木が茂り、昆虫や鳥も沢山生息していて自然環境に優しいです。
そして、シェードツリーの落ち葉は良質な肥料となり、力強い土壌を作ってくれます。
#当店のコーヒー豆達はすべて、シェードツリーと一緒に育てられています。

○単一栽培の落とし穴
一方、市場に出回っている多くのコーヒーは、シェードツリーの要らない品種に改良されたものになります。
直射日光に強いため、他の木々と一緒に植える必要がありません。広大な森林を伐採して作られた大規模なプランテーションで単一栽培され、単位面積当たりの収穫量も多いです。
そこでは余計な樹木等はすべて排除されるので、機械を使って容易に収穫でき、手間もかかりません。

しかし、森林伐採により土地は枯れていきました。
単一栽培のため、大量の農薬と化学肥料を投入する必要もでてきました。
その結果、自然環境は破壊され、小さな生物達も激減してしまったのです。
#単一栽培だとコーヒーの木が弱くなるため、病害虫による全滅を避けるために大量の農薬を使用する必要があります。
大量生産を目指した結果、自然環境が破壊され、生産者達の健康をも脅かす状況になっている・・・ということでした。

現実は、厳しいですね。
また色々調べてから、大規模プランテーションについて考察したいと思います。

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土)

新しいホームページ

今、ホームページを新しくするために、某HP制作会社にいろいろと頑張っていただいているのですが。
遠距離恋愛・・・じゃなくて遠距離仕事なので、なかなか意志疎通が難しいです。横に座って、これがこうなって~、といえば話は早いのですが。
たぶんメールでのやりとり自体が問題なのではなくて、相手側がどんな気持ちなのかとか、そういう微妙な心境を読み取れないのが大変な所だと思います。
え?そうだったの?といったことが多くなり、誤解の修正もしばしば・・・。
特に、当店サイトは情報量が多い上に店長もあれこれコダワリがあってウルサイので、非常にやりづらいのではないでしょうか。

でも、リピーター様から「注文しやすくなった!」とご感想をいただきたいのです。どうしても。
そのための大改革なので、ここは何とか納得のいく形になるよう乗り切りたい所です。
あともう少し!というところまで来てますので、皆様ご期待下さい~。

| | コメント (0)

2007年11月 9日 (金)

通販に感動

昨夜10時頃、通信販売で冬物を注文しました。
どうしても早く欲しかったので「手数料(690円)がかかっても良いので、できるだけ早くお願いします」と書いたところ、10時半頃に「それでは明日発送致します」とのお返事がありました。
お問い合わせコーナーでの依頼だったのですが、自動返信メールには「3時間以内にお返事」とあり、実際は30分以内のお返事でした。
大手通販会社で、うちのような小さい会社とは比較になりませんが。
夜中でも「3時間以内」を守るべく働いている人がいるのか~、、、と感動しました。
※「当店で同じ制度を導入」も考えましたが、手数料690円は・・・微妙なトコロですね。

当店では、毎日焼きたて・詰めたてを発送のため受注前に即日発送をお約束するのは難しいです。でも、迅速なお返事は大切だなと、しみじみ思いました。
現在、発送やお問い合わせの対応はスタッフ達が行う場合が殆どですが、受注の対応は私店長がやっております。
将来的には、受注対応のスタッフを増やしてより迅速な対応ができるようにしたいと思いました。

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

ほろまろ&メキシコ

今週のおすすめが「有機栽培ほろまろブレンド」「有機栽培メキシコ・シエラモレーナ」になりました!
ほろまろブレンドは、酸味が苦手で、ほろ苦さとまろやかさを楽しみたい方にピッタリ。
メキシコ・シエラモレーナは、まろやかな口当たりとコクのある上品な苦味が魅力で、カフェオレ・エスプレッソ・アイス珈琲もOKです。
この機会に、ぜひお試し下さい~。

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

ペーパーフィルター・酸素漂白と無漂白の違い

皆さんがいつも使っているペーパーフィルター。
次のような疑問を持ったことはありませんか?

・なぜ無漂白の方が、酸素漂白より値段が高いの?
・なぜ無漂白の方が、酸素漂白より紙の臭いが強いの?

私もずっと気になっていたのですが、先日製紙メーカーさんからお話を伺うことができましたので、ここでご紹介したいと思います。

○無漂白が高い理由
「無漂白は、漂白していないから安いはずなのに・・・。」
そう思うのも無理ありませんね。

実は、紙臭さの正体は「リグニン」と呼ばれる樹木の成分で、それを水だけで長時間かけて除去するため、かえって費用がかかってしまうのでした。
※漂白剤を使えば、時間も短縮できる上、紙臭さもすぐに取れるので、安くできます。

無漂白で手間暇かけても、酸素漂白に比べるとどうしても紙の臭いが残ってしまう、ということでした。
樹木成分の臭いなら、仕方ないですね。


○どっちが良いの?
では、酸素漂白に使われる漂白剤って、どんなものなのでしょう?
酸素系漂白剤でダイオキシンも出ず、漂白剤も残留しないから安心!ということでした。

でも、当店のお客様の中には、化学物質過敏症で苦しんでいる方々も多いです。そういう方々は、ほんのわずかな化学物質に反応してしまうのですが、本当に漂白剤は残留していないですか?
そう尋ねた所「そういうケースでは、やはり無漂白の方が無難かと・・・」ということでした。

どっちが良いかは好みの問題ですが、安全を追求するなら無漂白の方が良いかも知れませんね。
紙臭さは、コーヒー粉を入れる前によく湯通しすれば、問題無いでしょう。
※もちろん、ネルドリップが一番安全なのは、皆さんご存知の通りです。

○参考
ペーパーフィルターの臭い対策
有機栽培製ネルのススメ

| | コメント (4)

菜種油でチュイール作った。

また、チュイール作りました。これで3回目です。まだまだ懲りません。
今度はバターを菜種油に変えて、以前作った時と同じように全卵で作りました。
風味付けで有機栽培まろやか茶(粉末)を大さじ1加えたので、抹茶チュイールです。
バター使用時よりもあっさりとした味わいに仕上がり、結構美味しかったです。
これならレシピを公開できるかも?いや、もうちょっと研究してみたいと思います。

成人病対策にも良いかな、と油を変えてみました。本当はオリーブオイルで作りたかったのですが、なかなか独特の香りがあって難しそうです。
何か良い方法は無いかな~。
また挑戦してみたいと思います。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »