« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

雷キライ

今、雷雨がすごいです。
店の中に居るので命は大丈夫だと思いますが・・・焙煎機が心配。パソコンは一応雷対応になっているはずなので大丈夫、に違いありません。

焙煎機は、突然停電すると焼き付いてしまう恐れがあります。そのため、雷が収まるまで1台だけ動かすことにしました。一台だけなら、何とか応急処置ができますので。
そのため焙煎終了に時間がかかりますが、今日は偶然生豆の注文がとても多かったので何とかなると思います。

子供の頃、雷が目の前に落ちたことがあるのでキライです。
雷が鳴ると、どこかに落ちる・・・という感覚ではなくて。次は自分のそばかも、という危機感がありますね。

| | コメント (4)

2007年7月29日 (日)

アイスクリームと珈琲豆

前回、製菓材料としてのコーヒー豆についてお話ししました。
詳しくはこちら
今日は、アイスクリームとコーヒー豆の意外な組み合わせについてお話ししたいと思います。

○美味しさ発見!
メルマガ読者Kさんから「アイスクリームにコーヒー粉をかけたら美味しいのでは?」というご意見をいただきました。
早速バニラアイスクリームを買ってきて、深煎りコーヒー粉をパラパラとかけてみると・・・。

すごーく美味しかったです!!
新鮮な深煎りコーヒー豆を使ったので、香り豊かなコーヒー・アイスクリームになりました。風味は、まるでティラミスのようです。
私はバニラアイスクリームだけだと甘ったるくて苦手ですが、コーヒー粉をかけると美味しく食べられました。
※個人的には、ティラミスよりも好みの味わいです。

○アイスクリームに合う焙煎加減・挽き加減
焙煎加減は、ほろ苦さやパリパリとした歯触りを楽しめる「深煎り~ごく深煎り」が絶対おすすめです。
また挽き加減は、細挽き~粗挽きまで、どれでも大丈夫です。
挽き加減を変えると、全然違った味わいのアイスクリームを楽しめますので、色々と試してみるのも良いですね。
挽き加減による味わいの違いは、下記の通りです。

粗挽き:
パリパリした食感で噛むたびにほろ苦さと香りが口の中に広がります。
これは大人の味わいですね。

細挽き:アイスクリームと一体化して、お子様でも召し上がりやすい、
優しい味わいに仕上がります。

ちなみに、アイスクリーム1人分(約120cc)で使用する深煎りコーヒー粉は、1~2g程度で十分です。ほんの少しのコーヒー粉で、豊かなコーヒーの香りを楽しめるのも嬉しいですね。

美味しさのポイントを整理すると・・・
1)「新鮮」な「深煎り」のコーヒー豆を使用
2)粗挽きは「ほろ苦い大人の味わい」、細挽きは「優しい味わい」
3)挽きたてを、食べる直前にアイスクリームにかける
4)一人分1~2g程度
5)美味しいバニラアイスクリームを入手する
※抹茶やチョコレート味のアイスクリームでも挑戦しましたが、バニラが一番コーヒーの香りが引き立ちおすすめです。

アイスクリーム+コーヒー豆。
これは、一度は試す価値アリだと思います。
新鮮なコーヒー豆をご使用のカフェ経営者様は、メニューに加えてみてはいかがでしょう?
コーヒー・アイスクリームの写真はこちらから。

有機栽培珈琲豆専門店 生豆屋(きまめや)

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

お知らせいろいろ

お知らせしなくてはいけないことが、いろいろあったことを思い出しました。
好き勝手なことばっかり書いていたら、いけませんね。少しは営業しないと~。いちおう社長だし。
誰が?
確か・・・私が。

1)水出し珈琲ポット入荷しました!
大変お待たせしました!
このポットを入手したら、ぜひこの作り方で試してみてくださいね。箱に書いてある作り方に比べて、時間はかかるけど「まろやか~」でずっと美味しいと思います。(メーカーさんには失礼ですが・・・)

2)メキシコ・シエラモレーナ新豆入荷しました!
メキシコ・シエラモレーナがピチピチの新豆になりました!
ホットはもちろん、アイスコーヒーやエスプレッソにも良く合います。ぜひお試し下さい。

3)ただいま、コロンビア&メキシコシエラモレーナが今週のおすすめで特価中!
お知らせが遅れましたが、近日中に他の豆へ変更する予定です。
コロンビア&メキシコファンのお客様は、お早めにご予約下さいますようお願い致します。

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

夕方帰り道

家への帰り道、夕方の涼しい風がぴゅーっと通り抜けました。
ふと目に入ったのは、公園。
あ。ベンチが空いている。
あそこに座って涼んだら、気持ちいいだろうな・・・。
座ってみる。
ここで寝っ転がったら、気持ちいいだろうな・・・。
寝っ転がってみる。

白い雲が、高い空にあって。グレーの雲が低い空にあって。
グレーの雲がどんどん白い雲の下を通り抜けていく。
電線だらけじゃない空を見るのは、すごく久しぶりのような気がする。

空は広いな。
自分はちっぽけだな。
そういえば昔、自分の悲しみを誤魔化すために、同じように空を見上げていたことがあったな。
あのころは、よく頑張ってたな・・・。

そんなこと考えながら、ぼーっとしていたら。
少しの間、寝ちゃったみたいです。
ちょっと変・・・でしたね。
以後、気を付けます。


| | コメント (2)

2007年7月22日 (日)

特急電車の中で

先週は本当に忙しく、店に居るのは焙煎中だけ、という日も多かったです。でも、スタッフ達がしっかり出荷作業をやってくれるので、本当に助かります。

それで、出張で特急電車に乗る機会も多かったのですが、その中のエピソードを1つ。
私が特急に乗って、まだ発車までに5分くらいあるのにパクパクお昼ご飯を食べている時のこと。
ふと窓の外を見ると、ホームに居たおにーさんが神妙な顔をして近づいてきました。で、窓の所(私の目の前)までくると・・・ヘアスタイルを一生懸命チェックはじめたではありませんか。
なんだ、窓を鏡代わりにしているのか。デートの前かな?随分念入りだな~、としばらくご飯をモグモグしながら眺めていました。
私と向き合っているのに、相手は全然見えてないみたいなのが面白いな~と思っていると・・・いきなり飛びっきりのビッグスマイル!そう、笑顔の練習まで始まったのでした。

おぉっ!こっ・・・これは・・・私はどうしたら良いのか??こういう場合は、相手が我に返った時のために目をそらすべきだと思うんだけど、もう釘付けで目が離れない!このビックスマイルの行く末を知りたいー!
と、おにぎりを持ちながらハラハラしていると、おにーさんは満足したのか「これで良し!」と納得したように去っていきました。

あー、よかった。
おにーさん、ジッと見ちゃってごめんなさいね。
どんな顔だったか覚えていないけど、ヘアスタイルを気にしなくても十分格好良かったですよ。


| | コメント (2)

2007年7月18日 (水)

じしん

大きな地震がありました。ここの辺りは問題ありませんでしたが、被災地の方が心配です。
一日も早い復興を、心よりお祈り致します。

今回の地震では、原発でも火災が起きたり、配管等が破損したり。原発の耐震設計も、直下型地震は想定外だったということで、とても驚きました。
当然、直下型地震が起きる可能性もあるので、原発で働く人々の安全を確保できるよう、また周辺住民の方々が安心して暮らせるように、ぜひ改善していただきたいと思います。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

店でホッとコーヒー

今日は定休日ですが、店に来てやり残した仕事を少しだけやっています。
それで、マンデリンのホットを自分でいれて飲んでいるのですが・・・。
店の細口ポットを使ってコーヒーを入れるのは、かなり久しぶりだなぁ、ということに気付きました。いつもスタッフ達がコーヒーを入れてくれるので、私の出る幕は無かったのです。
以前喫茶部があった時は、私も結構コーヒーを入れていたのですが。スタッフの数も増えて喫茶部も無くなり、いつの間にか私の仕事は、主に焙煎・パソコン作業となっていました。

スタッフのいれてくれるコーヒーは、とても美味しいです。自分でいれるのも良いですが、それとはまた違った美味しさがあります。
豆・抽出器具・カップが同じでも、いれてくれる人によって味わいが変わるのも楽しいです。例えば、カップの温め具合とか、蒸らし時間とか、注湯時の温度とか。ほんのちょっとした違いが、味わいに出てきます。
焙煎だけでなく、抽出も奥が深いですね。

ご自宅でコーヒーを抽出する場合は、さらに豆の保存方法等も味わいに大きく影響してくると思います。
特にこの時期は、焙煎豆でしたら面倒でも密閉ビンに入れて冷蔵庫へ入れた方が香りも長持ちしますね。ちょっと手間がかかりますが、コーヒーの味わいはちゃんとそれに応えてくれるに違い有りません。

有機栽培珈琲豆 生豆屋(きまめや)

| | コメント (2)

2007年7月12日 (木)

今週はメルマガ断念

今週もメルマガ「コーヒーの本当の話」を発行しようと思ったのですが・・・特価の有機栽培マンデリンのご注文が予想以上に多く、時間がとれそうにありません。
メルマガでマンデリン特価のお知らせを待っている読者様には申し訳ありませんが、幻の「今週のオススメ」になりそうです。
でも、最近真面目に毎週更新しておりますので、また1~2ヶ月したらオススメになるかと思います。恐れ入りますが、何卒ご理解賜りますようお願い致します。

あと、来週月曜日が海の日で定休日になります。そのため、今週の土曜日から三連休となり発送業務・店舗ともお休みさせていただきます。(土・日・祝日定休)
なお連休前は、7月13日午前8時30分までにご注文いただければ、パンのご注文や在庫切れが無い限り、13日に発送致します(配達指定日がある場合を除く)。それ以降にご注文いただいた場合は、連休明けの発送となる可能性大ですので、予めご了承下さい。
#パンのご注文がある場合は、仕込みの都合上来週の発送となります。
こちらの都合で大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。


有機栽培珈琲豆 生豆屋(きまめや)

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

今週のおすすめがマンデリン!

ただいま、今週のおすすめを「マンデリン」&「マンデリン深煎り」にしました!
自然の風味豊か~な味わいと、濃厚な苦み・コクが自慢です。この機会に、ぜひお試し下さい。

なお、マンデリンの生豆はとっても不揃いな上、新豆で水分も多いです。恐れ入りますが、生豆でご購入(自宅焙煎)のお客様は予めご了承下さい。
※おすすめの焙煎加減は、「深煎り~ごく深煎り」になります。

さて。マンデリンを今週のおすすめにしてしまったので、今日スタッフ達からどよめきが起きる可能性大です。
いえ、本当に欠点豆の除去が大変なので・・・。
でも、「きまめやのマンデリン大好き~」と言ってくださるお客様の声に支えられ、これからもスタッフ一同頑張っていきたいと思います。

| | コメント (2)

2007年7月 8日 (日)

夏季休業のお知らせ他

先週は、有機JASの申請書類作成で時間がかかったため、メルマガの発行が遅れています。あと、ホームページの更新も・・・遅れ気味です。
とりあえず今日中には今週のおすすめを更新する予定ですが・・・今度は何にしよう??
過去のおすすめ履歴を調べてから、決めたいと思います。

あと、何度も書いて大変恐縮ですが、土・日・祝日は定休日になりますので、原則としてご注文のお返事メール及び店舗・発送業務も全てお休みさせていただいております。
月曜日以降に、順次発送させていただきますので、恐れ入りますが今しばらくお待ち下さいますようお願い致します。
----------
なお、今年の夏季休業の予定が決まりましたので、お知らせ致します。
8月25日(土)~9月2日(日)まで、お休み致します。(8月の第5週がお休みになります。)
こちらの都合で大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

また、8月になりましたら改めてトップページにも掲載致します。
取り急ぎお知らせまで・・・。

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

蒸らした時の膨らみ

いつも当店の生豆をご購入いただいている(自宅焙煎の)お客様から、「焙煎直後の豆で蒸らしても、あまり膨らまないのは何故?」というお問い合わせをいただきました。
焙煎加減は、深煎り。挽き加減は、極細挽きだそうです。湯が冷めている、ということはないということでした。
早速、中煎り~ごく深煎りの各豆について、粗挽き~ごく細挽きにして実験してみたのですが・・・全部膨らんでしまいました。
焙煎日に実験したのが悪かったのか?と思い、翌日、翌々日の豆でも同じ実験をしたのですが・・・やっぱり膨らんでしまいます。

たぶん、目の前でやっていただければ「あぁ、これが原因かも」ということが分かると思うのですが、お住まいが遠いのでそれもできません。
「美味しいコーヒーができるから、良いのですが」と言って下さったので、とりあえず安心ではありますが。
今、また抽出器具について伺っている所です。
何か分かりましたら、お知らせしますね。

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

新しいメニュー表

水出し珈琲ポットが予想外に売れて、ただいま在庫切れとなっております。
8月上旬には入荷できそうですので、恐れ入りますが今しばらくお待ち下さい。
店長の読みが浅く、大変申し訳ございません・・・。

なお、ポットの在庫切れに伴い、メニュー裏面のアイスコーヒーの作り方も新しくなりました!
今度は、「究極のアイスコーヒーの作り方」&「簡単!水出しバッグ・アイスコーヒーの作り方」の2種類になります。
究極のアイスコーヒーの作り方は、写真をしっかり撮り直して掲載。少しでも見やすくなっていたら、頑張って撮影した甲斐がありますが・・・どうでしょう?
もし分かりにくい点がございましたら、お手数ですがご一報下さい。
※メニュー表は、ご注文いただいた商品に同梱させていただいております。

あと!今週のおすすめが「フェアトレード・ガテマラ」&「フェアトレード・ガテマラ深煎り」になりました!
まろやか~な苦味とコクが魅力です。綺麗な生豆ですので、自宅で焙煎される方にも大変ご好評いただいております。苦味主体の味わいがお好きな方は、この機会にぜひお試し下さい。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »