« 年末のプレゼントは・・・ | トップページ | 何を書こう・・・ »

2006年12月12日 (火)

コーヒークリーム(フレッシュ)の実態

以前、ポーションタイプのクリームは、添加物が多いだけでなく環境ホルモンが溶出する恐れもある、というお話をしましたね。詳しくはこちら
今日は、友人から借りた本に「原材料の実態」について書いてありましたので、ご紹介したいと思います。

○何からできている?
ファストフードやカフェ等で、使い放題のコーヒークリーム。
なぜ沢山使ってもいいのかなぁ。不思議だなぁ・・・と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。
答えは簡単。安いからです。
では、なぜ安いのでしょう?

以下、その理由をそのまま抜粋します。
----------------------------------------------------------------
植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたもの。
それがあの小容器の「コーヒーフレッシュ」の正体なのです。
植物油を使うことで、牛乳や生クリームを使用するよりもはるかに安くできる。
だから「使い放題」にできるのです。
そしてそれは、ちゃんと「裏」を見ればわかります。
「植物性油脂、乳化剤、増粘多糖類、pH調整剤、着色料、香料」そこにはそんな表示があり、「牛乳(生乳)」とは一言も記載されていないはずです。
よく見れば、容器にも「ミルク」とは謳っていない。「コーヒー用クリーム」「コーヒーフレッシュ」などと表示されています。
「裏」の原材料表示を見ればわかると書きましたが、これは小容器を詰めた大袋のみに書かれていて、容器そのものには書かれていません。
-------------------
安部司著『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)
p106~107より抜粋。

○食品添加物の役目
「サラダ油+水 → コーヒークリーム」となるためには、どうしても食品添加物が必要になります。
水と油を混ぜるために「乳化剤」を使い、成分が沈殿しないように「pH調整剤」を添加。クリームっぽくとろみを付けるために「増粘多糖類」を入れて、ミルクフレーバーの「香料」を入れれば味わいはOK。
あと、見た目をよりクリームっぽくするために「カラメル色素」も添加します。確かに、純生クリームは真っ白じゃなくて「クリーム色」でしたね。
そうやって創意工夫して出来上がった「コーヒークリーム」は、まるで本物の生クリームのように使われている訳です。

○店長の考察
食品添加物がすべて悪い!とは思いません。
本物の純生クリームだと、すぐに賞味期限切れになってしまって保存が難しいのも確かです。ブラックでは飲めないために、クリームのストックが必要な方も多いでしょう。
でも食品添加物を摂らなくて済むなら、やっぱりその方が良いですね。

油と水と食品添加物を持ってきて「混ぜたらクリームになりますから、いくらでもコーヒーに入れて下さい。」って言われたら・・・
「えー、気持ち悪いからやめておきます。」と、私だったら言ってしまうと思います。

コーヒーが出てきたら、まずはブラックで飲んでみましょう。新鮮なコーヒーなら、ブラックでも十分美味しいと思います。
ちょっと無理だなぁ、という時にはお砂糖を少しずつ足してみましょう。それでもダメなら、牛乳や、スキムミルクを水で溶いたものを足しても良いですね。
外出先だと難しいですが、家でコーヒーを飲むなら色々と工夫できると思います。

<参考>
コーヒークリームの話
コーヒー香料の必要性
カフェオレの話(コーヒーの着色料について)

|

« 年末のプレゼントは・・・ | トップページ | 何を書こう・・・ »

コメント

こんにちは。

紅茶に「あのコーヒーフレッシュ」を入れるとミルクティからかけ離れた味・香りになるのにずいぶん昔に気づきました。添加物も気になりますが、なにより「おいしくない」のが残念です。外出先で飲めるミルクティに出会うのはなかなか難しいですね。

コーヒーに入れてもおいしくないでしょうね...。

投稿: Shira | 2006年12月12日 (火) 22時33分

確かに外出先でちゃんとミルクティが飲める所は、とても少ないですね。私はコーヒーフレッシュは入れないので「美味しいかどうか」はちゃんと吟味していないのですが。あれが油+水だと思うと、素晴らしい作品のようにも思えます。香料等の添加物を加えることでクリーミーな味わいを演出している訳ですから。
そういう意味では、ホイップクリームやマーガリンも、ある意味すごいと思います。

投稿: よしえ | 2006年12月15日 (金) 08時05分

クリームのお話大変為になりますね 困るのは外出先のコーヒーです
気軽に入れるスタバやドトールはこのクリームでしょうね
昔ながらのコーヒー専門店が姿を消していきます
ちゃんとしたクリームでコーヒーを飲める店を探すのは
大変でしょう

自宅ではケーキや調理用生クリームを使用しています
少量でもコクがでて美味しくまろやかに
なりますから でも脂肪分が高すぎるとかえって
コーヒーの味が損なわれる気もします
30%台が限界かな

投稿: isa | 2006年12月16日 (土) 12時24分

コーヒー専門店であるほど、クリームを入れないで召し上がるお客様が多かったりして・・・新鮮な本物のクリームを店で出すのは本当に大変だと思います。
友人がアルバイトしていたカフェでは、ポーションタイプのクリームをピッチャーに入れ替えてお客様に出していたそうです。どれが本物か、お客様自身もしっかりした目を持つ必要がありそうですね。

投稿: よしえ | 2006年12月16日 (土) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒークリーム(フレッシュ)の実態:

« 年末のプレゼントは・・・ | トップページ | 何を書こう・・・ »