« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

年末年始休業中です

昨日、無事年内の発送を完了することができました。
本日29日から1月3日まで、年末年始休業となります。ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。
年末年始休業のお知らせはこちらから。

ようやく一つ、肩の荷が下りました。休業中は、普段できないことに色々挑戦してみたいと思います。せっかくのお休みなんだからゆっくりすれば良いのに~という正論もありますが・・・じっとしていると勿体ない気がしてしまうので仕方ないですね。

でも、大晦日から新年にかけてとても寒くなるようなので要注意ですね。皆様も風邪など召されませんように、くれぐれもお気を付け下さい。
それでは、また来年もどうぞよろしくお願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

年末年始休業前

いよいよ忙しくなってきましたー。しっかりと気を引き締めて行こうと思います。
メールマガジンもできれば休業前に発行したかったのですが、どうも無理そうです。お休みになってから、ゆっくり取りかかりたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

年内発送のご注文受付は、下記の通りです。
------------------
インターネット・FAXによるご注文 ・・・ 12月27日(水)午前10時まで
お電話によるご注文 ・・・ 12月26日(火)午後4時まで

なお新年は1月4日(木)から、順次発送となります。
休業中、インターネット・FAXのご注文は24時間承りますが、お返事は1月4日以降となりますので、ご了承下さい。

※上記期間内にご注文いただいた場合は、できる限り年内にお届けできるよう尽力致します。
万一ご注文が集中した場合は年明けの発送となることもございますので、予めご了承下さい。
こちらの都合で御迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

新春限定!モカブレンド新発売

新春限定の「モカブレンド」&「モカブレンド深煎り」が新発売です!
今回の「モカブレンド」は、モカの香りはそのままに、軽い口当たりに仕上げました。まろやかなコクもプラスされて、とても召し上がりやすいです。
そして「モカブレンド深煎り」は、モカの香ばしさにキレのある苦みとコクをプラスした味わいに仕上げてみました。濃い味わいの「おせち料理」の口直しにも、ピッタリの味わいです。

新春シールを添付してのお届けになりますので、プレゼントにもオススメ!
この機会にぜひお試しください。
※年内発送受付については、こちらをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美術館へ行きたい

年末年始休業中に、できれば美術館へ行きたいなぁと、考えています。
芸術的センスは昔から全然無いのですが、あちこち見に行くのは好きでした。でも、ここ10年くらい、ゆっくり芸術鑑賞をした記憶が無いです。
久しぶりに、どこかの美術館へ行きたいなー。

なぜセンスが無いと思ったかというと、ルーブル美術館でモナリザを見たときの感想が「うわ、ちいさーい」だったからです。なんとなく、もっとデカイ絵だと勝手に想像していたのですね。
でも、オスロでムンクの作品を見たときは、とても感動したのを覚えています。理由は・・・残念ながらよく覚えていません。ただ、強烈な印象があったことだけはハッキリ覚えています。

ヨーロッパの美術館ですごいと思ったのは、ものすごーく有名な作品を間近でゆっくり鑑賞できたことです。日本にやってくる名画達は、ずいぶん離れた所から沢山のお客さんと一緒に鑑賞する感じですが・・・見に行くタイミングが悪かっただけでしょうか。
とりあえず。美術館巡りが企画倒れにならないよう、頑張ります。
でも、寝正月・・・という響きも魅力的だなぁぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

何を書こう・・・

ここのところ、日記をさぼり気味ですね。日記じゃなくて週記にならないように、気をつけたいと思います。
今日は、朝1時頃(夜中)に目が覚めたので、せっせとお問い合わせメールやご注文メールのお返事を書いていました。
で。気が付いたら、もう4時じゃないですか。このまま起きているか。ちょっと寝るか。寝ると起きたとき辛そうだなぁぁぁ、などと悩んでいる所です。

とりあえず、何か書こうと思ったのですが・・・例えば、剣道のこととか。
剣道・・・というキーワードを思い出すと、うあぁぁぁ、と頭をかかえたくなるくらい今伸び悩んでいます。ま。もともと伸び悩んでますけどね。
どうも、足の運びが悪いらしい。そういえば手も右手打ちになっているらしい。あと、腕の伸びが悪いらしい・・・と、注意され放題なのでした。
ひとつひとつ、ゆっくりと、でも忘れずに。先生方や先輩方からいただいたアドバイスが、いつか自分のものとなって強い剣士になる姿を思い描き・・・。
一体いつになるんだろう? と疑問がわいてきた時は「続けることに意義がある」と自分に言い聞かせています。
やめるのは、いつでもできますからね。まずは3年。がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

コーヒークリーム(フレッシュ)の実態

以前、ポーションタイプのクリームは、添加物が多いだけでなく環境ホルモンが溶出する恐れもある、というお話をしましたね。詳しくはこちら
今日は、友人から借りた本に「原材料の実態」について書いてありましたので、ご紹介したいと思います。

○何からできている?
ファストフードやカフェ等で、使い放題のコーヒークリーム。
なぜ沢山使ってもいいのかなぁ。不思議だなぁ・・・と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。
答えは簡単。安いからです。
では、なぜ安いのでしょう?

以下、その理由をそのまま抜粋します。
----------------------------------------------------------------
植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたもの。
それがあの小容器の「コーヒーフレッシュ」の正体なのです。
植物油を使うことで、牛乳や生クリームを使用するよりもはるかに安くできる。
だから「使い放題」にできるのです。
そしてそれは、ちゃんと「裏」を見ればわかります。
「植物性油脂、乳化剤、増粘多糖類、pH調整剤、着色料、香料」そこにはそんな表示があり、「牛乳(生乳)」とは一言も記載されていないはずです。
よく見れば、容器にも「ミルク」とは謳っていない。「コーヒー用クリーム」「コーヒーフレッシュ」などと表示されています。
「裏」の原材料表示を見ればわかると書きましたが、これは小容器を詰めた大袋のみに書かれていて、容器そのものには書かれていません。
-------------------
安部司著『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)
p106~107より抜粋。

○食品添加物の役目
「サラダ油+水 → コーヒークリーム」となるためには、どうしても食品添加物が必要になります。
水と油を混ぜるために「乳化剤」を使い、成分が沈殿しないように「pH調整剤」を添加。クリームっぽくとろみを付けるために「増粘多糖類」を入れて、ミルクフレーバーの「香料」を入れれば味わいはOK。
あと、見た目をよりクリームっぽくするために「カラメル色素」も添加します。確かに、純生クリームは真っ白じゃなくて「クリーム色」でしたね。
そうやって創意工夫して出来上がった「コーヒークリーム」は、まるで本物の生クリームのように使われている訳です。

○店長の考察
食品添加物がすべて悪い!とは思いません。
本物の純生クリームだと、すぐに賞味期限切れになってしまって保存が難しいのも確かです。ブラックでは飲めないために、クリームのストックが必要な方も多いでしょう。
でも食品添加物を摂らなくて済むなら、やっぱりその方が良いですね。

油と水と食品添加物を持ってきて「混ぜたらクリームになりますから、いくらでもコーヒーに入れて下さい。」って言われたら・・・
「えー、気持ち悪いからやめておきます。」と、私だったら言ってしまうと思います。

コーヒーが出てきたら、まずはブラックで飲んでみましょう。新鮮なコーヒーなら、ブラックでも十分美味しいと思います。
ちょっと無理だなぁ、という時にはお砂糖を少しずつ足してみましょう。それでもダメなら、牛乳や、スキムミルクを水で溶いたものを足しても良いですね。
外出先だと難しいですが、家でコーヒーを飲むなら色々と工夫できると思います。

<参考>
コーヒークリームの話
コーヒー香料の必要性
カフェオレの話(コーヒーの着色料について)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

年末のプレゼントは・・・

毎年、「今年もよくがんばったねー」と自分にピアスをプレゼントしているのですが・・・。
今年はちょっと、やめておこうかと考えています。唯一のおしゃれ材料が増えないのは非常に残念ですが、節約モードに入っているので、ここは我慢かなと。

実は今、ホームページをリニューアルするために資金を貯めている所なのです。今まで「ご注文フォームが使いにくい」「わかりにくい」等、貴重なご意見をいただきましたので、より良いものを提供できるように・・・と模索中です。
まぁ、私がピアスをあきらめたからって、大して影響する訳ではありませんが。ただ、公的機関からお金を借りるにしても、できるだけ自腹を切って少額で済むようにしたいなーと考えている訳です。

ところで。去年「自分にプレゼントするんだ」と友人に言ったら「それってなんか寂しいかんじ」と言われました。なるほど。そういう解釈もあるのか・・・と。考え方の違いが、とっても面白かったです。
自分で身につけるものは、自分で買うのが一番!特に私みたいに、ピアスを無くしてしまう可能性大の人は、自分で買わないと大変です。いつ無くすか、心配しながら付けるのはストレスになりますからね。
今年は一つも無くさなかったので、新調する必要も無いと。そう自分に言い聞かせたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

メールが改善されました!

「@yahoo.co.jp」「@ybb.ne.jp」メールをご利用のお客様へ
当店からのメールが「迷惑メールフォルダ」へ入る状況が続いたために、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。
その後、yahoo様のご配慮により、12月5日午後3時半に状況が改善されました。もう迷惑フォルダへ入ることはございませんので、ご安心下さい。

なお、今後このようなことのないように尽力して参りますが、万一プロバイダによって迷惑メールに分類される場合がございましたら、ご一報いただけますと幸甚に存じます。

追伸 もっと早くブログでお知らせしたかったのですが、2日間以上ブログのメンテナンスが続いたためお知らせできませんでした。ご連絡が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

メールについてご報告

当店システム担当Gさんのおかげで、当店から送信するメールについてはyahooメールでも「迷惑メールフォルダ」に入らないようになりました。
でも「自動返信メール」は、まだ迷惑扱いになってしまうようです。yahooメールをご利用で「自動返信メールが来ないぞ?」という時には、迷惑メールをチェックしていただければ幸甚に存じます。お手数をおかけして、本当にどうもすみません。

Gさんに誤解を招きそうなCGI部分を修正していただき、yahoo様にも「迷惑メールではありません~、怪しいものではありません~」とお願いしている最中です。
また経過が分かりましたら、ご報告致します。今しばらくお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

クリスマスブレンド新発売!

寒くなってきたなーと思ったら、もう12月。ということで、「クリスマスブレンド」&「クリスマスブレンド深煎り」が新発売です!
どちらも新作で、フェアトレード豆を中心に配合してみました。
クリスマスブレンドは、ほろ苦さとコク・甘い香りが魅力。バランスのとれた味わいに仕上がっています。
一方、深煎りは強い苦みとコク、香ばしさが魅力。クリスマスケーキ等の洋菓子はもちろん、和菓子にも良く合います。
この機会に、ぜひお試し下さい!
詳しくは、生豆屋サイトからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »