« ドリッパー比較1(カリタvsハリオ) | トップページ | 簡単!手抜き?ショートブレッドの作り方 »

2006年10月 2日 (月)

ドリッパー比較2(カリタvsハリオ)

前回、ドリッパーの形と味わいの違いについてお話ししましたね。
今日は、どうして違ってくるか?について検証してみたいと思います。

○穴の面積の違い
リブ(凸部)の形が違うとどうだとか、色々と意見はあるようですが。
とりあえず、思いっきり味わいに影響しそうな「穴の面積」について比較してみました。
--------------------
カリタ(陶器製):直径4ミリの穴×3つ・・・計 37.68ミリ平方メートル
ハリオ(磁器製):直径20ミリの穴×1つ ・・計314.00ミリ平方メートル
--------------------
単純に比較しても、ハリオは、カリタの8倍以上の面積ということになります。ここまで大きさが違うと、味わいに影響してくるのは当然ですね。見た目では分からなかったので、私もビックリしました。
※ハリオ製の穴の形はギザギザになっているので、正確にはもうちょっと面積が大きくなります。

ちなみに、プラスチック製では穴の面積の差がさらに広がり、ハリオはカリタの10倍以上の大きさになります。
--------------------
カリタ(プラ製):直径3ミリの穴×3つ・・・計 21.20ミリ平方メートル
ハリオ(プラ製):直径17ミリの穴×1つ ・・計226.87ミリ平方メートル
--------------------
どちらもプラスチックの方が面積が小さくなっていますね。やはり、焼き物で小さい穴を作るというのは難しいからでしょうか。

○味わいへの影響を検証
面積が8~10倍違うと、味わいにはどのように影響するのでしょうか。
中がよく見えるよう、透明なプラスチック製ドリッパーで比較してみました。
蒸らし1分+抽出3分で、次のようなことが判明しました。
--------------------
カリタ:穴が小さいため、注湯中は下から0.5~1cmくらいの所まで湯が貯まっている。
ハリオ:穴が大きいので、注湯中でも湯は貯まらず、そのまま落ち続ける。
--------------------
つまり、同じ速度で抽出すると、カリタの方が湯とコーヒー豆の接触時間が長くなるということです。
湯に浸る時間が長ければ、当然苦み・酸味も強くなりますね。

一方、ハリオの方はネルドリップのように湯が貯まることなく落ち続けるので、比較的あっさりまろやかな味わいに仕上がると考えられます。
この辺が「ネルドリップの味わいに近い」と言われる理由かも知れません。

|

« ドリッパー比較1(カリタvsハリオ) | トップページ | 簡単!手抜き?ショートブレッドの作り方 »

コメント

いや~、同じドリッパーでも違うものですね。

いずれ自分でも試してみたいと思います。

投稿: カイン | 2006年10月 3日 (火) 17時20分

全然違う味わいになるので、比べると楽しいです。
ぜひお試し下さーい。

投稿: よしえ | 2006年10月 3日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドリッパー比較2(カリタvsハリオ):

« ドリッパー比較1(カリタvsハリオ) | トップページ | 簡単!手抜き?ショートブレッドの作り方 »