« コーヒーの木栽培日記2006.6 | トップページ | 有機栽培製ネル欠品中 »

2006年6月 8日 (木)

フェアトレードコーヒー豆とは?

○コーヒー取引事情
フェアトレードとは、地域貢献をめざした新しい貿易の方法で、欧米を中心に世界各国で取り組まれています。
基本理念は、生産者の権利を守り生産活動を手助けし、立場の弱い人々の自立を支援していくことです。
 
現在のコーヒー取引は、主にニューヨークやロンドン定期市場における相場が中心となって価格が決められます。つまり、生産者が使った費用などに関係なく取引されているということです。
そのため、供給過剰などで国際相場が低迷し始めると、生産者は生産コストを賄うことも出来ずに苦しみ続けることになります。
小規模農家が多いコーヒーの生産では、一生懸命栽培しても報われない、といった不公平取引が発生しやすくなります。

○新しい試み「フェアトレード」
こうした状況を打開すべく、「フェアトレード」という流通の試みが始まりました。この試みにより最低限の権利は保障されることになり、教育や生活水準の向上に役立つものと期待されています。
具体的には、最低買入価格の保証、中間業者を通さない直接取引、長期にわたる売買契約、最高60%までの前払い等の支援です。

○フェアトレードに賛同します
生豆屋は、このフェアトレードに賛同し、国際機関であるFLO(Fairtrade Labelling Organizations International)に所属するフェアトレード・ラベル・ジャパンとライセンス契約を結んでおります。
これからも、高品質であり、かつ有機認証を受けたフェアトレード豆を優先的に取り扱うよう尽力して参ります。
#現在お取り扱い中の「フェアトレード有機栽培コーヒー豆」は、下記の通りです。

フェアトレード・ガテマラ(フェアトレードラベル添付)
フェアトレード・ガテマラ深煎り(フェアトレードラベル添付)

モカ
モカ深煎り

メキシコ・シエラ・モレーナ
ペルー
※フェアトレード・ガテマラには、既存のガテマラと区別するためにフェアトレード・ラベルを添付して販売致します。
ラベル画像は、こちら↓でご覧いただけます。
http://www.kimameya.co.jp/yuki-jas.html#fair

|

« コーヒーの木栽培日記2006.6 | トップページ | 有機栽培製ネル欠品中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェアトレードコーヒー豆とは?:

« コーヒーの木栽培日記2006.6 | トップページ | 有機栽培製ネル欠品中 »