« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

土曜日・最後の営業日

昨日は、土曜日最後の営業日でした。7月から土・日・祝日が定休日になりますので、来週の土曜日からはお休みになります。
こちらの都合でご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

ご来店のお客様に「7月から土日祝日休みになります」と言っているのですが、皆様の反応は様々でした。「えー、残念」と言ってくださる方から、「え?今まで土曜日もやっていたの?」という方まで。
小売店なら「土日営業は当たり前」ですが、卸売店・会社なら「土日定休は当たり前」ってところでしょうか。ここ数年、全国のカフェ・レストランへの卸販売が増えてきたので、タイミングはちょうど良かったのかも知れません。

一日お休みが増えて仕事量を減らすのではなく、スタッフ増員・平日パワーアップ大作戦(?)で行きたいと思います。ご期待下さーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

アルコール性肝硬変とコーヒー

○アルコール性肝硬変をコーヒーで予防?
「コーヒーを毎日飲むと、アルコール性肝硬変になりにくい」という研究発表がありました。以下、新聞記事をそのまま抜粋します。
-----------------------------------------------------------------
飲酒量が同じの場合は、コーヒーを多く飲む人ほどアルコール性の肝硬変になりにくいことが、米カリフォルニア州での大規模な疫学調査で確認された。

調査を実施した研究者は、1日1杯のコーヒーで発症の危険性は8割に減るとしながらも、予防には「お酒の飲み過ぎを避けるのが先決」と、くぎも刺している。米医学誌「内科学アーカイブズ」電子版に12日発表された。

調査は、医療保険などを運営する「カイザー・パーマネンテ」研究部門のアーサー・クラツキー医師らが、保険加入者12万5580人を対象に実施。1978~85年の時点で尋ねておいた各自の生活習慣と、その後の病気発症状況との関連を分析した。
(2006.6.13 読売新聞より)
-------------------------------------------------------------------

○店長の考察
これは、お酒を飲む人には朗報ですね。
ただ予防には「まずお酒を飲み過ぎないこと」と書いてあるように、それが一番大事ではないでしょうか。
考えてみれば発症の危険性が8割に減るだけなので、「うわ、ビックリ!」というほどの効能では無いと思います。
ま。コーヒー豆屋の店長としては「絶大な効果アリ!」と言った方が良いのかも知れませんが・・・。

○コーヒーの効能
じゃあ、アルコールとコーヒーが無関係かというと、そんなことはありません。お酒を飲んだ後、「美味しいコーヒーが飲みたい!」という気持ちになりませんか?
この「コーヒーが飲みたい!」には理由があります。
コーヒーに含まれるカフェインには、肝臓でのアルコール分解を促す働きがあるそうです。さらに利尿作用もあるので、アルコール分解後の老廃物も体外へ排出されやすくなります。
つまり、お酒の後は体が自然とコーヒーを欲しているのでは?ということです。

本当にコーヒーを飲みたい時に、美味しいコーヒーを飲むと幸せな気持ちになれますね。その幸福感もストレス解消につながって、病気を寄せ付けなくしているのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

コーヒー入り炭酸飲料

某ネス○フェが売り出している「コーヒー入り炭酸飲料」というのが話題になっている、ということでオトモダチが買ってきてくれました。
で。私とスタッフ達のアンケート結果をお知らせします。
----------------------
Q1 一言でいうと?
A1 薬風

Q2 コーヒーの味と香りは?
A2 人工的なものが少々

Q3 どんな感じ?
A3 酸っぱ甘い感じ。

Q4 食品添加物について思うことは?
A4 カラメル色素、香料、酸味料、カフェインは分かりますが、シリコーンは何のため??

Q5 また飲みたい?
A5 斬新な味わいでしたが、しばらくは遠慮させていただきます。
----------
コーヒー色ですが、コーヒーとはほど遠い感じの魅惑的(?)な味わいでした。
でも、普通の深煎りコーヒー(薄め)に砂糖を入れて炭酸にしたら、もっとちゃんと美味しいのでは?というのが正直なところ。どんなもんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ギフト包装致します。

父の日が近くなってきましたね! ここのところ、ギフトの発送がとても多いです。
Gift_4
当店では、「ギフト包装」のご依頼をいただいた場合は、写真のようなギフトバッグに入れて発送しております。
パンや器具等を包むことはできませんが、コーヒー豆なら800gまでは対応できます。ご希望の方は、コメント欄に「ギフトバッグで」と、お気軽にお申し付け下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

土・日・祝日定休になります。

おかげさまで生豆屋も、この7月で7周年を迎えます。
それに伴い、土・日・祝日を定休日とさせていただくこととなりました。
今後の生豆屋の発展のために、スタッフ共々平日しっかり働き土日はしっかり充電するというメリハリのある体制で、尽力して参りたいと存じます。

今まで土曜日にご来店いただいていたお客様や、土曜日発送をご希望のお客様には、本当に申し訳ございません。こちらの都合でご迷惑をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。

なお、月~金曜日までの営業時間は、今まで通り10:00~16:00までを予定しております。
10:00以前と16:00以降は、発送作業に集中しますので、お電話での受付や接客業務はお休みさせていただきます。お電話およびご来店は、恐れ入りますが営業時間内(10:00~16:00)でお願い致します。
こちらの都合で大変恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

有機栽培製ネル欠品中

味噌こしネルドリップ用の有機栽培ネルが、欠品になってしまいました。今までお願いしていたオーガニックコットンの会社が、ネルの取り扱いをやめてしまったためです。
今、新たに仕入れ先を探しているところですが、なかなか無地・無漂白の有機栽培製ネルってありませんね。早く良質のものが見つかると良いのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

フェアトレードコーヒー豆とは?

○コーヒー取引事情
フェアトレードとは、地域貢献をめざした新しい貿易の方法で、欧米を中心に世界各国で取り組まれています。
基本理念は、生産者の権利を守り生産活動を手助けし、立場の弱い人々の自立を支援していくことです。
 
現在のコーヒー取引は、主にニューヨークやロンドン定期市場における相場が中心となって価格が決められます。つまり、生産者が使った費用などに関係なく取引されているということです。
そのため、供給過剰などで国際相場が低迷し始めると、生産者は生産コストを賄うことも出来ずに苦しみ続けることになります。
小規模農家が多いコーヒーの生産では、一生懸命栽培しても報われない、といった不公平取引が発生しやすくなります。

○新しい試み「フェアトレード」
こうした状況を打開すべく、「フェアトレード」という流通の試みが始まりました。この試みにより最低限の権利は保障されることになり、教育や生活水準の向上に役立つものと期待されています。
具体的には、最低買入価格の保証、中間業者を通さない直接取引、長期にわたる売買契約、最高60%までの前払い等の支援です。

○フェアトレードに賛同します
生豆屋は、このフェアトレードに賛同し、国際機関であるFLO(Fairtrade Labelling Organizations International)に所属するフェアトレード・ラベル・ジャパンとライセンス契約を結んでおります。
これからも、高品質であり、かつ有機認証を受けたフェアトレード豆を優先的に取り扱うよう尽力して参ります。
#現在お取り扱い中の「フェアトレード有機栽培コーヒー豆」は、下記の通りです。

フェアトレード・ガテマラ(フェアトレードラベル添付)
フェアトレード・ガテマラ深煎り(フェアトレードラベル添付)

モカ
モカ深煎り

メキシコ・シエラ・モレーナ
ペルー
※フェアトレード・ガテマラには、既存のガテマラと区別するためにフェアトレード・ラベルを添付して販売致します。
ラベル画像は、こちら↓でご覧いただけます。
http://www.kimameya.co.jp/yuki-jas.html#fair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

コーヒーの木栽培日記2006.6

ものすごく久しぶりに、コーヒーの木栽培日記を更新致します。最後に更新してから1年以上経ってしまいましたね・・・どうもすみませんでした。過去の栽培日記はこちらから。

さて。冬生まれ、発芽第一号「きーま」の写真です。
Kima20066分かります?「きーま」は、左側のボケて写っている方です。右側の元気な方は、「きーま」と同じ時期に植えて1年半後に発芽したもので「きーまJr.」といいます。1年以上も土の中で種子のまま埋まっていて、「きーま」が弱ってきた頃にひょっこりと出てきました。
こいつはもしかすると、「きーま」の敵か?!とも思いましたが、そう考えると腹が立ったのでJr.ということにしておきました。
とりあえず、「きーま」はかなり調子が悪い感じです。写真でもピントが合わないくらい・・・私の撮影が下手なだけっていう話もありますけど。
「きーま」「きーまJr.」とも、約10cmの高さでした。Jr.の成長がやけに早く、「きーま」が心配です。

6月中に、「きーま」の生き残りをかけて植え替えをする予定です。大きすぎた鉢→小さい鉢への植え替えです。何でも、大きすぎる鉢に植えると、かえって木が小さく育ってしまうそうです。いや~、知らなかったです・・・・。
皆さんも植え替えするときは、大きすぎる鉢にしないようにくれぐれもご注意下さい。


次に。「めーや」のご紹介です。
こっちは、まだ元気ですね。全長10cm程度で小柄です。やっぱり冬生まれは小柄になってしまうのでしょうか。
Meya20066


最後に、1~7号の中で一番元気の良い「名無しちゃん達」をご紹介します。
Nanashi20066全長55cmで、とっても元気。夏生まれで、今年もどんどん伸びています。これから秋にかけて、さらに伸びそうな感じ。とりあえず、夏場は土が乾かないように、マメに水やりをしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

初めての公式戦

昨日、初めて剣道の公式試合に出場しました。市民選手権、てやつです。
結果は!予想通りの敗北でした。でも、1-2で、1本だけとれたのが嬉しかったです。残念ながら、どうやって1本取ったかは、緊張しすぎて覚えていませんが・・・。

大人になってから「試合」に出たのは、不思議な感覚でした。子供の頃のドキドキした緊張感や駆け引きが、よみがえりました。こういう機会って、大人になると本当に無いものですね。
正々堂々と戦って、負けたら潔く認める。勝ったら心から喜ぶ。今度はもっと強くなろうと誓う・・・。
平常心とか、決断力とか、駆け引きとか。たぶん精進していったら、そういう能力も付いてくるのではないでしょうか。私は精進が足りないので、まだまだですけど。
今度は何とか、1回戦突破したいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »